アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン06話「傷痕」キーワードと感想

「癒えぬ傷痕」…は機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5話。
今話では別に誰かと誰かが寝ていたわけではありませんが…はさておき、

アロウズに襲われた後のカタロン基地をみたスメラギは精神的ショックによる一時的な意識の混濁でそのまま意識を失い…
その理由はかつてのクジョウなスメラギのエミリオとの思い出。

「あやまった情報から君たちはそれぞれに予報をし、それによって友軍同士が戦うことになってしまった。」かつてのスメラギ…とカティの傷痕。
昨今のCBの戦い方を見ていたカティは「ガンダムたちの戦術は彼女のやり方に似ている…」
少しずつ過去も明らかになってきていますが、あやまった情報を流していたのは一体誰だったのか。

一方こっちも傷痕癒えないルイスは「ついにこのときが来たよ。ママ、パパ…」トレミーに向かっていき…それを迎え撃ったのは沙慈。

「見えない道を旅し行き着く先にあるものは命の終焉。それこそが神の導き…」
沙慈ルイもそんな結末になってしまうのかどうなのか…

【“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン06話「傷痕」キーワードと感想”の続きを読む】

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

絶対可憐チルドレン 32話「珍味佳肴!タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」キーワードと感想

「大統領選!チェンジ・イエス・ウィー・キャン」とりあえずデンジャラスのノッチも4年間は安泰のようで…はさておき、

皆本と葵が出かけた京都が大騒ぎになっていた頃、お留守番中の紫穂にも色々あって…何かとぶつかりあう紫穂と賢木。
しかし「知らないことがある幸せにサイコメトラーが気づかないわけないでしょ。」…名実ともにサイコメトラー同士でしか分からないお話。

…それにしても蕾見の寝坊の原因は「働いたら負け」だったのね。
&私はショタ賢木もアリかな?とも。「手のかかる子ほど可愛かったりもしますけどね。」状態で。

【“絶対可憐チルドレン 32話「珍味佳肴!タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」キーワードと感想”の続きを読む】

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

黒執事 06話「その執事、葬送」キーワードと感想

「その涙、そうそう」…先日、職場の同僚に沖縄土産にもらった「涙そーそー」と言う沖縄風黒ごま黒糖ドーナツもなかなか美味しかった訳で…はさておき、

マダム・レッド亡き後、シエルは何を思うのか。
そんな中「人間をたぶらかし寄生しているのがあなたたち悪魔でしょう。」…悪魔で執事なもう一つの側面?を見たシエル。
「だから僕は迷わない」そんなつもりでいながら、セバスチャンの事を振り払ってみたり、マダム・レッド同様、迷い移ろうシエル。

マダム・レッドの死を通じて、シエルはセバスチャンとの関係を改めて見つめる事になったようで…

【“黒執事 06話「その執事、葬送」キーワードと感想”の続きを読む】

女子大生会計士の事件簿 05話「幸せなブラックリスト」キーワードと感想

柿本が久々に会った大学時代の先輩・明智。
大学卒業後はベンチャー企業を立ち上げ社長に。
けれど2年前に会社は潰れていて…

「ちょっとばかし金を貸して欲しいんだ…」
明智はそう言うと柿本に10万円を借りて…

「出会いが災いを呼び、金運は思わぬ出費があり、大いに痛手となるであろう。」
そんな萌実の雑誌ゆずりの占いの結果は?

…今話は500万円でしたが、その100倍かぁ。
聴くたびに10代の真っ只中だった頃の思い出もよみがえったりしますが…ただただ残念としか言えない今日この頃。
今週はさらにその2000倍の営業利益が吹っ飛んだ会社がありましたが、それでも福沢諭吉が6000万人って…スケール大きすぎ。

(例によって「この作品はフィクションです」…念のため)

【“女子大生会計士の事件簿 05話「幸せなブラックリスト」キーワードと感想”の続きを読む】

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン05話「故国燃ゆ」キーワードと感想

「五穀萌ゆ」萌え米まで出てきた昨今、故国萌ゆな日本ではありますがそれはさておき、

結局、アザディスタンに戻ることにしたマリナ。
刹那に連れられてアザディスタンに戻ってみるとサーシェスによって…

一方刹那のいないCBは、立ち寄ったカタロンの施設がアロウズに攻撃されていることを知り救援に向かい…

「馬鹿な。こんな非道な作戦を…」
カティもビックリのその掃討作戦はオートマトンをキルモードで使用するもの。
しかしリントは「相手は反政府勢力。情けをかける必要などありませんよ。」

そんな掃討作戦を目の当たりにしたマイスターズのリアクション…

ライル  「これが…こいつが人間のやることか!」
アレルヤ 「無人兵器による虐殺行為。自ら引き金を引こうとしないなんて。罪の意識すら持つ気がないのか!?」

ティエリア「あれが我々の敵だ。」

今話を観て改めて思うは、かつてマリナに宛てた刹那の手紙
そして「なのに何故、人はこうも生きようとするのか。」なわけで…
刹那もマリナも皆も、まだまだその答えを探し求めている途中…

【“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン05話「故国燃ゆ」キーワードと感想”の続きを読む】

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。