アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF 13話「メモリー・オブ・グローバル」キーワードと感想

そんなこんなでいよいよマクFも1クールが終わろうとしていますが、当初はシュークリームのイメージしかなかったのに、1話でいきなりもってっけーされて、春クール観てたアニメで一番大化けしたなぁ・・・

「本当、お前はビックリ箱みたいな奴だなぁ。」アルトにそういわれたランカも「鳥の人」で大化けでしたが、グレイスがここまで大化けするとは。当初ただのマネージャーと思っていたのに。

ランカの両親の話もちらほらと出てきた今回。
どうもランカ達がマクロスゼロのサラやマオの孫世代らしいとなると、その一個上の世代で何があったのか。そこにグレイスが色々と絡んでいるような気も・・・
(やっぱり過去作押さえているほうが色々楽しめるのかなぁ・・・本作。)


<今日の感想キーワード>

【ばか】

前話の続き。
「マクロス?それも第一世代型の。」ちょっとビックリのアルトの隣では、家族の事を思い出したランカが恐怖で絶叫。
それにしてもあの家族と思しき三人は・・・一人はブレラっぽかったけど、あの両親は?

「どんなにがんばっても思い出せないくせに、時々勝手に出てきて今みたいになるの。」と自分の記憶の事を打ち明けるランカに「過去なんかに縛られるのは時間の無駄さ。」ならば考えなくていい、思い出さなくていいことだから忘れている、そう答えたアルト。
「過去を取り戻したい」ブレラと今度どのように対比させていくのかも気になるところですが、ランカはどちらを選ぶのか。
そんな風に思っていたら、またまたアルトとブレラが・・・(とりあえずそれは↓↓↓

近くに水場を見つけたアルト。ランカと共にそこに向かって、アルトは水浴び。
(その途中足元をよぎったトカゲでダウンタウンの「トカゲのおっさん」が・・・)

水浴びしていたアルトを見て初めて出会った時の事を話し出すランカに、
「本当、お前はビックリ箱みたいな奴だなぁ。会ったばかりの頃は私なんかって言ってたくせに。臆病なんだか大胆なんだか。いい心臓してるぜ本当。」とアルト。
「あの頃に比べて私が少しでも勇気が持てるようになったとしたら、それはアルト君のおかげだよ。アルト君がいたから、いつも私を守ってくれて、迷った時には背中を押してくれて、だから。」

いい感じな二人。もとい普通のアニメだったらここでランカの水浴びな話でしょうが、アルトに水浴びさせるマクF・・・でもってランカは、「ちょっとだけ待ってもらっていい?」遠まわしにトイレに行きたいとアルトに告げるランカ。
「何がいるかわからないんだ。どうしてもって言うなら・・・」なかなかトイレに行かせてくれないアルトに「ダメ!絶対!・・・ばかー!!」と駆け出していくランカ。お色気要員ではなくお笑い要員な扱いのランカ・・・私は好きです。
(昔「星界の紋章」ってアニメで似たようなシチュあったなぁ、ラフィール殿下。で、「オーニュ(ばか)」も口癖だったり・・・当時はツンデレなんて言葉無かったなぁ)

(08/07/06補 らんまみたいに水をかぶると女になるなんて設定があったら・・・)

【スグナオール】

「それ不味いから嫌。」グレイスから渡された薬を拒むシェリル。結局飲みましたが、その薬に書かれていたのは「E39 WITCH CRAFT」何か魔女なお薬っぽいですけど、「昨日までの不調が嘘みたいよ」そう言うシェリルに「だろうね。」とミシェル。
便利な薬だなと思いつつ、ドラえもんよろしく名前は「スグナオール」でいいじゃないのかと・・・
(それと種ガンでレイとかクルーゼとか薬で老化抑えてたけど、シェリルもまさか・・・とか思ってみたり。)

その後、ミシェルと共にグレイスに内緒でアルトを探しに行くわけですが「学校で習ってあたしだって操縦できるんだからね。」とうとう私の彼が、ではなく私自身がパイロット宣言。

「女の意地?」ミシェルの問いに「あたしわね、出来ることがあるのにやらないのは大嫌いなの」と否定するツンデレシェリル。
「ランカちゃんといい、あいつの周りは頑固な女ばっか」(もといアルトも頑固な男ですが)そこで何故だかクラン(しかもロリの方)を思い出すミシェル、「人の事は言えないか・・・」
ミシェクラが共に頑固でなくなると、ミシェルは淫行罪で捕まっちまう・・・

グレイスとミシェルの接点からすれば、「だろうね。」と言ったのはジェシカ姉さん絡みでミシェルが何か知っているのかなと思ったりも。
あの、自殺ひょっとして知りすぎたための他殺なのかなぁ(犯人はグレイス?)。フレンドリー・ファイアの一件もそっちの意味での故意に上官を撃ったのか・・・


【ブレラ、ランカの過去を調べて。最優先事項・・・ではないわよ。】

マクFで同ネタ2回目か・・・

ますます黒化著しいグレイス。
レオン経由で新統合軍にパイプを持っていて、さらにその先にはLAIがいて(ルカってLAIの技術開発部の特別顧問だったのか・・・ただのサムソンマニアじゃなかったのね。)、
さらに自身がマネージャーをするシェリルに謎の薬を飲ませてみたり、ガリア4での暴動に絡んでみたりとこれまでも色々とやってきてますが、

ブレラに今回も「指令順位を変更。ランカ・リーの過去を第2位に、ただし当初の作戦目的が阻まれる場合はこれを無視せよ」と指示を出すグレイス。
当初の作戦目的はもとより、ランカの過去についても知りたがっているグレイス。そのランカについて「観察対象であるが、まだ仮説としての存在に過ぎない。この先、価値が証明されれば別だが最優先ではない。」

最優先って単語に反応するのはいつもの事ながら、「仮説としての存在」って人類プロトカルチャー干渉仮説絡み?
「お前がドクターマオの役をやる事になるなんて」10話でオズマがマオとの関連をポロリと言ってたけど、やっぱランカにもマオの血が流れている?
ただ、グレイスはまだランカについてわかりかねている状態。わかりかねているというとシェリルのイヤリングの石の件も・・・

シェリルだけでなくランカにも手を出そうとしているグレイスは一体何がしたいのか。
それはさておき「私はこれからディメンションイーターの起動準備にかかる。以上だ」そうブレラに伝えた後の、グレイスの跳躍力が凄すぎ。

そういやみずほ先生も地球人と宇宙人の間に生まれてたけど、
25(クォーター)にやたらとちなみたがる今作、ランカはマオ(&相手はやっぱシン?)の孫ってラインがますます強くなってきたなぁ・・・
「血の中には二匹の絡み合う蛇がいて」染色体と思しき話をしていたマクロスゼロのサラ。
遺伝でランカが片方の蛇を受け継いでいるとして、もう片方は・・・シェリル?
じゃあ、「その力が解放されたら」・・・!?


【想定の範囲内】

・・・ってもう2~3年前の話なんだなぁと思いつつ、「今後も事態は予定通り進む」グレイスの謎の計画。

トイレのためアルトと離れたランカ。悲鳴と共にいきなり行方不明でランカを探すアルト。
さっき見つけたマクロスをよくよく見てみると「マクロス級4番艦グローバル。第117調査船団の旗艦?」これまた行方不明なはずだった訳で、早速向かってみるアルト。
艦内の風景がなんとなく日本の商店街チックだったりもしましたが、(背景が「一菱FFJ銀行」って・・・元ネタの銀行は今週末ATM停止しているみたいですが)

その中にあった研究室。記録がごく最近消されていたり、バジュラの標本があったり、アルトも色々ビックリでしたが、一番のビックリはランカの写真。
触るとすぐに砕けてましたが、写真が入っていたあの石ってシェリルのイヤリングと同じ石なのかなぁ。

その頃のブレラ。ランカのことを「何故気になる。あの娘。」
さらにその頃のランカ。アイモの事が勝手に出てきて「ねえ地球の歌なの?」「ちがうわ。この歌はね・・・」

結局ランカは艦内の奥深くバジュラの巣にいたわけですが、そこにアルト&ブレラ登場。(またランカの腹が光った・・・)で、グレイスの「やっとお目覚めね」で目覚めたバジュラの船団。

アルトもブレラもバジュラからランカを守りたい気持ちでは一緒みたいですが、お互いは
アルト「何なんだよお前は!いつもいつも。」
ブレラ「貴様はあの娘に相応しくない。」
・・・「過去なんかに縛られるのは時間の無駄さ」VS「過去を取り戻したい」のランカ争奪戦。

そこにミシェシェリの援護が入り・・・と思っていたらグレイスがフォールド断層出現させちゃった。
(これが言ってた「ディメンションイーター」か。あ、LAI。てか、起爆させるとフォールド断層が出現するって明らかにイレギュラーな使い方をグレイスは知っていたのか・・・)

「星が飲み込まれてゆく」ランカを救うことが出来なかったアルト達。明日のライブどうなるんだろ?

「銀河の妖精の死と先遣隊の壊滅。憎しみが燃え上がる。」
マネージャーとしてシェリルを銀河の妖精にまでに育てたのはこの為?えらい大回りなやり方だなと思いつつ、生きているんだけどなぁ、シェリル。これは想定の範囲外?

「いいえ、想定の範囲内です」

スポンサーサイト

テーマ:マクロスF(フロンティア) - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/93-9c4effd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マクロス FRONTIER 第13話 「メモリー・オブ・グローバル」

不時着したアルトとランカの前に現れた朽ち果てた第1世代マクロス艦。 4番艦『グローバル』――ランカがいた第117船団のもの。 その中に潜...

  • 2008/07/05(土) 20:00:46 |
  • SeRa@らくblog

マクロスF 第13話「メモリー・オブ・グローバル」

マクロスFの第13話を見ました。第13話 メモリー・オブ・グローバル「クッ、操縦が…」機体の不調によりガリア4に不時着したアルトとランカは、マクロスを発見する。「マクロス…それも第一世代型の…」第一世代型のマクロスを見たランカは記憶がフラッシュバックし悲鳴...

  • 2008/07/05(土) 22:19:46 |
  • MAGI☆の日記

(アニメ感想) マクロス FRONTIER 第13話 「メモリー・オブ・グローバル」

マクロスF(フロンティア) 4 (Blu-ray Disc) 機体の不調によりガリア4に不時着したアルトとランカ。久しぶりにゆっくりと会話を交わす二人はなんとなくよい感じ。一方、体調が回復したシェリルはミシェルと共に二人を探しに行く・・・。

  • 2008/07/06(日) 03:11:59 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

マクロスF 第13話「メモリー・オブ・グローバル」

大変なことになってきました。 ライブどころじゃないぞおおお!! 急の100乗の急展開! すんなりフロンティアには帰してもらえませんでした… 前回、機体の突然のトラブルにより不時着を余儀なくされたアルトたち。 周囲を確認し、態勢を立て直す間、いろいろ話...

  • 2008/07/06(日) 06:25:13 |
  • のらりんクロッキー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。