アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対可憐チルドレン 12話「前途遼遠!日本の未来をテレポート!!」

「ゼントラ妖艶!大尉は子供にマイクローン!!」・・・はマクロスFのクラン。はさておき、

明日の国際会議のため、現地時刻で午前0時までにスットコホルムに荷物を届けて欲しい。と葵に首相直々の依頼があり、皆本と葵で日本の運命を左右するかもしれない荷物が入ったカバンを届けに行った今回。
前回の温泉話とはうってかわって教育的な話メインの午前10時アニメでした。
深夜34時な内容といえば薫の「この胸ぜってー整形。」位。メイドガイのほるすたいんの店員を思い出してみたりもしましたが、あっちはもう最終回か・・・


<今日の感想キーワード>

【ポテトサラダにみかんとかりんごとかもいかがなものか】

六條院小のチルドレン。
薫は東野とテスト対決。35点対36点で東野の勝利。
「テストじゃ負けてもドッジじゃ負けねぇ!」「望むところだ!表へ出ろ!」な二人に「何言ってんのあんたたち。今は体育の時間じゃないでしょ。」とやまべ先生。
紫穂は「何で酢豚にパイナップル入れないと気がすまない人がいるのかしら」と給食の酢豚のパイナップルを残して「三宮さん。好き嫌いしない」とやまべ先生に注意され「先生、それパイナップル食べると死んじゃう人にも言えます?」と自分は死なないくせに屁理屈を・・・

個人的には「酢豚にパイナップル」以上に「ポテトサラダにみかんとかりんごとか」のほうが「入れないと気がすまない人がいるのかしら」ですがそれはさておき、

「手のかかる子ほど可愛かったりもしますけどね。」というやまべ先生の会話を聞いてしまった葵。
(あ、ガンダム00のカティ大佐とコーラサワー少尉が・・・)

それがきっかけで葵は薫と紫穂とケンカ。
「現場での移動にはうちを頼るけど、最後の手柄はそっちのもんや。うち損してばっかり。」
「手ぇかかる子のほうが可愛がられるしな。どうせ皆本はんも薫と紫穂のほうが可愛いんやろ。」

そんな葵に今回の単独任務の話をする皆本。「正確には僕と二人なんだけど。」に顔を赤らめる葵。
何だかんだ可愛がられたいと思うのは子供の性か・・・と思ってみたり、
最近は手のかかる、かからないに限らず世の中として子供を可愛いがる余裕がないのかなと、自分自身も一大人としてちょっぴり自省・・・
(本当なら少子化で相対的にもっと可愛いがられてもいいはずなのに・・・)


【ギアスR2の星刻はアルよとは言わないアルよ】

テレポートで移動中、ロビエトのピロシキスキー大佐によって基地に投獄されてしまう皆本と葵。
しかもECMまでついていて、エスパー対策は万全。
それにしても名前といい語尾にウォッカとかキャビアとかいかにもなのはギャグアニメ・・・
(ちなみに私は「ソーマピーリススキー」・・・)

「うちらの失敗はチルドレンの失敗になるんやろうか」
「うち、なんであんな事ゆうてしもうたんやろう。誰の手柄とかそんなん考えたこともないのに。」

薫と紫穂とのケンカを省みる葵に、「それは薫も紫穂も同じさ。」と薫と紫穂が本当は心配でついていきたかったこと、葵の負担を考えて待つことにしたこと、そして「戻ってくるまで起きて待ってるわよ(紫穂)」「何かあったらすぐに飛んでくからな(薫)」と話していたことを伝える皆本。
「君たちはどんなときもチームって事さ。」そう言う皆本に「そうやな。」と葵。

そこにピロシキスキー大佐登場。今回の一件がロビエト政府によるものではなく会議が成功裏に終わると困る国によるものと明かす大佐。
大佐はその国のスパイだったわけですが、この状況に皆本は隠し持っていた携帯用ECCMを取り出し、葵のテレポートでカバンを奪還。
皆本は大佐をロビエト政府に引き渡すため基地に残り葵一人でスットコホルムに向かうことに。

ところが大佐は皆本から逃げ出し葵を追いかけ、葵にミサイル攻撃。その頃の薫と紫穂。
紫穂「葵ちゃん一人で大丈夫かしら」
薫 「あいつなら心配いらねえよ」
紫穂「どうして」
薫 「あいつは・・・チルドレンなんだ」
紫穂「そうね」

「うちの黒星はチルドレンの黒星や。ここで負けたら薫と紫穂にも恥かかせてしまう。」ミサイルを振り切り、「うちはチルドレンや」大佐の飛行機を撃墜する葵。
さらに皆本登場で大佐を確保。単独任務であってもチームなチルドレン。なんか教育的なアニメだなぁ・・・


【あっちにもチルドレンがいるけれど・・・】

なんとか午前0時までにスットコホルムの首相に荷物を届けることが出来た葵。
そこに出てきた首相はForever Loveな感動した!首相似。まぁ貧乏くじ饅頭な首相似にしてもひょっとしたらOA時点では・・・との判断だったのかどうかはわかりませんが、そんな首相にカバンの中身を聞く葵。

「枕が変わると寝付けないたちでね。危うく徹夜で大事な会議に出る羽目に~」
荷物の正体が枕であることを知った葵。ま、日本の運命を左右するかもしれないというのは本当かも知れませんが、これがこっち側の人間な抱き枕だったらもっとウケてたんだけど・・・(それやるなら首相になりそこねているローゼン大臣あたりか・・・)

当然ながら葵大激怒。その後TVに写るバンソウコウ首相を見て「まさか葵のやつ・・・」と青くなる皆本。
(公務との関係について「関係ない」と答えていたんでしょうかねぇ・・・それは、美しい国の内閣の農相)

葵の任務は成功しましたが、相当疲れがたまっているようで学校でずっと居眠りの葵。
「だから今日は休めって行ったのに」葵について話していた薫と紫穂とあわせて先生に注意されてましたが、
「まったく本当手がかかるんだから『あなたたち』」葵を廊下に立たせようとしていたやまべ先生に「先生私たちも一緒に立ってまーす」と薫と紫穂。
「だって、あたしたち、そううちら、チームだから」本当手のかかる可愛いチルドレンですが、

あっちの方のチルドレンは・・・使いすてる方も使いすてる方でどうかしてますし、使いすてられないよう活躍していく事も必要なわけで・・・

スポンサーサイト

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/88-8aa54bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 絶対可憐チルドレン 第12話 「前途遼遠!日本の未来をテレポート!!」

絶対可憐チルドレン 01 バベルに首相直々の依頼が入った。それは『日本の運命を左右するほどの何か』が入ったアタッシュケースを、目立たず、時間内に外国にいる首相の下へ届けるという、超難関ミッション。このミッションを遂行できるのは、日本広しといえどレベル7

  • 2008/06/23(月) 12:10:09 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。