アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF 10話「レジェンド・オブ・ゼロ」キーワードと感想

先週が先週なだけに「ゼロの伝説」と聞いて伝説の祭を思い返しちゃったのは事実ですが、
今回の「ゼロ」は「マクロスゼロ」の「ゼロ」。そしてランカの映画デビューなお話。
4日発売の「娘フロ。」(個人的には「ニンジーン~」がお好み、それと「SMS小隊~」)で歌は愛なエルモ社長が軽くネタバレさせてましたが、にしても映画タイトルの「BIRD HUMAN-鳥の人-」って(琵琶湖の夏が・・・ってそれはコナンのテレビ局)
そんな自分にマクロスゼロBD-BOXのCM。「こっちもしっかり見ておけよ」ってコトか・・・

それと上映後、舞台に上がったランカ。マイクに頭ゴツンに引き続き何をするのかと思っていたら、特に何も無し。
(舞台に上がるときに転ばないか期待していた自分が・・・)
こっちはごくごく普通に「今ここから始まる」伝説でした・・・

<今日の感想キーワード>

【ながされてマヤン島】

・・・はかつてのシン。
セリフは無いがならも映画出演が決まったランカはロケ現場の島へ向かい「島がまるごとセットになってる。」なリアクション。
最近我が茨城県も映画のロケ地誘致に力を入れておりますが、島はさすがに・・・(江戸はあるんだけどなぁ・・・)

そんなランカの目の前にいたのはミハエルとルカ。バルキリーが沢山出るためSMSが撮影に協力しているみたいで、
「じゃあもしかしてアルト君も?」期待するランカでしたが、「色々まずいらしくてね」とアルトは別の仕事だというミハエル。
シェリルのドキュメンタリーな事を伏せていたのはミハエルの配慮だったんでしょうが、結局シェリルもぶらりやってきて・・・アルトも連れられてマヤン島。


【桜姫のごとく!】

やってきたマヤン島なロケ現場で「見ましたよ、あなたの舞台。桜姫東文章の桜姫。」といきなり映画出演を依頼されたアルト。
同時に歌舞伎役者&桜姫の過去がランカにばれるアルト・・・お、このままアルトの女装回?と思ったら、
「勘弁してくれ、俺はもう芝居をやめたんだ。しかも女装なんて。」出演を断るアルト・・・え、アルトへのオファーってリアルに女装だったの!?

そんなアルトに「逃げんのか?ランカちゃんの為だぜ。それにその方がお前も楽になるんじゃないのか、色々と。」と言うミハエル。
ランカの映画出演が決まったときにアルトがランカに言ったおとんの言葉「『思わざれば花なり、思えば花ならざりけり』頭で演じようとすれば必ずどこかに嘘が残る。考えずただひたすらに感じてその役になりきれってことさ。」
まさかだけどリアルにそっちに目覚めかけていた!?(それとも「なりきる」為におとんに色々されたり・・・(妄想自重))

いずれにしても早晩「早乙女ハーマイオニー」回は近いようです・・・


【イタズラなKiss】

でも結局、女装無しながらも水中撮影の代役を引き受けたアルト。しかし、そのシーンはマオとのキスシーンであることまでは知らず・・・

ルカ「先輩、まさか知らずに。」
アルト「じっ・・・てたさ!」
シェリル「へぇ、じゃあするんだキス。」
アルト「なんてこと無いだろキスぐらい。」

今回のマクF、TBSでの放送はバレー中継が延びたらしく15分遅れ。
で、丁度このシーンの最中「『イタズラなKiss』は2時40分からお送りします」とテロップが・・・
普段は「テロップウゼ」な自分ですが、今回のテロップはGJ。


【アイモからはじまるMiracle】

ただ、どちらかと言うとKissと言えば「鋼鉄天使くるみ」の「KissからはじまるMiracle」な自分ですが・・・

アルトの過去を知ったランカ。シェリルとルカに詳しい話を聞いて「ちょっとね」と一人きり岬へ。(心中お察しします・・・)
岬で「アイモ」を歌っていると、その歌声が海で釣りをしていた監督の耳にも届いていて・・・と、そこにひょっこりランカを襲うヒュドラ登場。
ランカの行方を捜していたアルトはランカの悲鳴を聞き助けに向かい、ヒュドラと戦い、さらにそこに現れたのは・・・ブレラ。

怪我したブレラを見たランカは「死んじゃう・・・お兄ちゃん・・・嫌」
いよいよ過去の事を思い出し始めたランカ。ブレラが本当の兄なのか・・・
そんなブレラはヒュドラを真っ二つ。アルトに「ブレラ・スターン」と名前だけ伝えてその場を立ち去り・・・

気を失っていたランカ。目を覚まして「私・・・いきなりヒュドラに」(アレ、ランカってヒュドラって単語知っていたんだっけ?)
それはさておき、ブレラに助けられたことは忘れていたらしく、全てアルトが助けてくれたと勘違い。

んでもって撮影現場に戻ると・・・代役でマオ役&岬で歌っていたアイモがメインテーマに決定。
「お前がマオ役って事は、俺とお前が、キスすることに・・・」別な意味で事の重大性に気づくアルトとランカ。

「怖いんです。私にできるのかなって。キスのことも、お芝居のことも。」「私、マオのこと良くわからなくって」と話すランカに「まだ本気で恋をしたことがないのねランカちゃんは。」と言うボビー。

一方のアルトは「そうよねぇ。たいした事ないものねぇキスなんて。」といきなりシェリルにキスをされ、「やだもぉ、なにマジになってるのよ」なシェリル・・・いつもながらのツンデレ。

そんなアルトとシェリルをみたランカは・・・
「お姉さんが、サラが好きになった男の人の事を好きになって、それで自分からキスまでしちゃって」なマオのことが良くわかった瞬間。
そしてマオ役を願い出るランカ・・・アルトとキスです。

・・・Kissして目覚めた女の子ってうきうき ホンキで好きならためらわないでね 恋はびゅんびゅんいこうよ(KissからはじまるMiracleより)


【鋼のブレラ・スターン】

ヒュドラ退治後「疑われるような行動は禁じていたはずだ」と通信で叱られるブレラ。
「お前は過去を取り戻したいのだろ」・・・ブレラの腕のアップとあわせて「失った全てを取り戻す」国家錬金術師を思ったのは私だけではないはず・・・

にしても通信相手の人ってレオンにバルキリーとバジュラのデータ渡してた人か・・・
さらにレオンに「引き換えにこちらは何を」と聞かれて渡してた石って、シェリルのイヤリングと同種のような・・・
バジュラの巣をSMSが調査しに来たときも「パープル1α1104のネストを破壊しサンプル回収を阻止せよ」とブレラに命じてたり、
「この船はエデン原産の生物、ヒュドラを輸入していたのだ。いずれわかるバジュラの本当の恐ろしさを」な彼女。

これまた今後の予想が楽しくなる話ばかりで、今話、どうもブレラとランカは兄妹らしい?まではわかりましたが、

オズマの「因縁か、お前がドクターマオの役をやる事になるなんて」
(・・・もといランカの正体知ってる!?「11年前あの子の家族を守れなかった無能なパイロット」だけではない!?)

姉妹でシンを好きになったサラとマオのように、アルトを好きになったシェリルとランカ・・・まさか2人も姉妹?
さらにはシェリルが名乗るノーム姓、そして母の形見のイヤリング
(なくしてもOK扱いになっちゃった経緯もいまだ不明・・・、それとランカのお腹と一緒に光ってたっけ・・・)

・・・つまりは「マクロスゼロ見てください」って事なのか!?

スポンサーサイト

テーマ:マクロスF(フロンティア) - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/81-ea2f9c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) マクロス FRONTIER 第10話 「レジェンド・オブ・ゼロ」

マクロスF(フロンティア) 1 ミス・マクロス・フロンティアのミランダが主演する映画で端役を手に入れたランカ。その撮影現場で待っていたのは、撮影協力のS.M.Sの面々とシェリルだった。演じることが初めてのランカに相談されたアルトは、つい嫌っていたはずの父親の言...

  • 2008/06/07(土) 21:29:20 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

マクロスFRONTIER~第10話・レジェンド・オブ・ゼロ

ランカは映画の端役出演が決まります。芝居に自信がないと相談すると、アルトは肯定します。ランカは「アルト君、そこは嘘でもできるって言おうよ」と言いますが、アルトは結構専門的なアドバイスをしてくれます。(以下に続きます)

  • 2008/06/07(土) 21:47:03 |
  • 一言居士!スペードのAの放埓手記

マクロスF 第10話「レジェンド・オブ・ゼロ」

なんという神エンディング。 震えがきました~ 内容も濃かったですね! 伏線もすごかった。 かなりの重要回と見ました。 偶然か重なりまく...

  • 2008/06/08(日) 09:28:57 |
  • のらりんクロッキーF

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。