アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対可憐チルドレン 04話「柳暗花明!いけいけ プリティ女子高生」キーワードと感想

「そこの可愛い女子高生さん・・・」で金縛りと透視をつかう変なおじさん登場と言うことで前話までとは打って変わってエロギャグ色の濃い話となった今回の主役は超能力のスランプに陥ったナオミ。

結局、ナオミのスランプの原因はすぐ近くにあった訳ですが、
薫のエロオヤジっぷりが・・・凄かった・・・
そしてナオミも・・・サービスカットが・・・


<今日の感想キーワード>

【男が女子寮に行くためには?】

ナオミの攻撃が谷崎に当たってしまい結局変なおじさんを取り逃がした2人。
どうやらナオミはスランプなようで、その原因を見つけて欲しいと谷崎&局長から頼まれる皆本。
賢木に診てもらうも「体にも脳にも異常は見られない」。紫穂が心を読もうとしても「もやもやとした、ナオミさんにも理解できていない何かがあるみたいなんだけど」と原因は分からないまま。
そこでナオミの日常生活から原因を探ろうと向かった先は・・・バベル職員の女子寮「呉竹寮」。

賢木「いやぁ女子寮か。血が騒ぐな。」
皆本「全く、オヤジ的な発想だな。」
薫 「こら!女子寮だよ女子寮!男ならもっとモチベーション上げてけよ。」

・・・こんなにも自然(w)に男が女子寮に行ける話はラブひなの浦島景太郎以来?


【男が女子校に行くためには?】

教師になって女子校に堂々入ることのできるネギま!のネギ先生(10歳)もいますし・・・

それはさておき結局、呉竹寮では問題なく超能力が使えていたナオミ。その後ナオミは学校に向かい・・・
「さすがに僕たちは学校の中には入れないから」そう言う皆本に

薫 「大丈夫」
紫穂「心配ないわ」
葵 「潜入捜査官に変装させるから」
と女子制服を皆本に着せようとして葵のコスチューム瞬間移動。

皆本は賢木を身代わりにして女装を免れ、代わりに賢木が女装してしまうことに。
しかし賢木も女装がまんざらでもないようで・・・
(これ、皆本が女装してたら中の人つながりでアルト姫より先だったんだよなぁ)

結局、薫・葵・紫穂の3人で学校に潜入しますがその姿は・・・ドラゴンボールの悟天とトランクスが肩車で天下一武道会出たのと全く同じ。
薫「女子高生がこんなに沢山。若い女子はええのう、学校はなかなかええのう。」・・・賢木いわく「全くオヤジだなぁ薫ちゃんは」に「お前もオヤジだよ」と皆本。

葵 「学校ってこんな感じなんやなぁ、初めて入ったけど。」
紫穂「ナオミさんはレベル6でもちゃんと学校に通えているのね。」
そんな会話を聞いて「学校が珍しいか・・・」と賢木。
皆本&賢木はナオミが「谷崎主任には本当に感謝しているんです。エスパーの私をちゃんと育ててくれて、学校にも通えるようにしてくれて」と言った事を思い出し・・・
賢木「もしかしてあの子達も」・・・ただのエロギャグ回に終わらせず、2・3話と5話をブリッジしている所は構成の妙?


【10歳ですけど。天才ですよ。の完璧超人女子高生もいたりする】

学校内でのナオミをみて・・・
薫 「勉強は完璧。スポーツも完璧。何この完璧超人」
紫穂「面白くもなんともないわね」
葵 「裏があるはずや、絶対あるはずや、ないはずがないねん。」
・・・どす黒くなる3人、しかもカレーうどんでナオミのドジッ娘発動。

賢木「天然のオヤジキラーだな」
皆本「いやぁ、オヤジだけじゃないだろ」
薫 「男はいいよなぁ、気楽に萌えられてよ。私なんか萌えとムカつきの板ばさみだよ。」
紫穂「男って結局ああいう子が好きなのよね。」
葵 「うちらかて女子高生に生まれたら。」

チルドレンがあずまんが大王のちよちゃん知ったら、どんなリアクションをするのやら・・・


【エロゲーによくある話】

放課後、学校では結局変わったことは無く下校するナオミ・・・何故か3人はトーテムポールに変装です。
下校途中でも人助けに超能力を使ったり、やっぱり何も問題の無いナオミ。
しかし訓練となると・・・やっぱり失敗で、そんな中でのバベルの大浴場。
オヤジモードになった薫がナオミに飛び掛った瞬間、紫穂は何かを感じ取ったようで、二人に戦ってみるよう提案しますがその内容は・・・

紫穂の「戦うといっても薫ちゃんが攻撃していいのはナオミさんの服だけよ。」というルールに「何すか!そのエロエロなルールは」とノリノリの薫(私もどこぞのエロゲーか?と思ったり・・・)

そして試合開始。薫が「世界中のオヤジよ。私に元気を分けてくれ~」と元気玉でオヤジパワーを集め、「衝撃のセミヌードをいただかせていただきます」とサイキック真空かまいたちでナオミの服を切り裂く薫・・・やはり深夜34時。

一方、ベッドの上の谷崎。ナオミについて「今時理想の女がそこら辺を歩いて訳ない。この手で作り上げもうすぐ収穫。そして結婚するのみ!」と語り、「最低だ、こいつは。」と皆本・賢木。・・・光源氏の世界か!?(谷崎の妄想の裸エプも・・・ならでは)

またまた薫&ナオミ。
迫る薫に「嫌、やめて!」と叫ぶナオミ。そのとき谷崎の姿が思い浮かび・・・「心の中で抑えていたものが」放たれようとした瞬間、アバンの変なおじさん再出没で出動するナオミ。
しかし服はボロボロのまま&透視され「お前、下・・・」と言われ・・・そこに谷崎登場。(2話・3話のシリアス展開が過去のようにも・・・)

谷崎  「貴様、私が精魂こめて作り上げた私のナオミに何をする!」
おじさん「俺は下着が好きなんだよ!何で着けてねぇんだよ」
最低な二人の会話にナオミは「何か・・・来る。心の中で抑えていたものが・・・抑えていたものが・・・」そして・・・
「私は・・・オヤジは・・・オヤジは大っ嫌いなんだよぉ~~!」
「このエロオヤジどもめ~!」


・・・言葉遣いが全く違うナオミにギャップ萌えしていた自分。「これはこれである意味たまらん理想形」谷崎と同類なのか?・・・自分。

そしてすっかりスランプが解消したナオミ。しかし谷崎には「触んじゃねぇっつってんだろ!このエロオヤジが!」・・・「キティ・キャット」から「ワイルド・キャット」にコードネームが変わったナオミでした。
スポンサーサイト

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/64-bee219a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 絶対可憐チルドレン 第4話 「柳暗花明! いけいけプリティ女子高生」

Over The Future(初回限定盤 DVD付) 暗い夜道。部活帰りで帰宅が遅くなった女子高生(テニス部)が家路を急いでいると・・・変態エスパーが登場!「必殺・金縛り」で女子高生を動けなくし、「必殺・透視」で透視しようとする卑劣なエスパー。あわや女子高生の・・・と

  • 2008/04/29(火) 00:00:31 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。