アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF 03話「オン・ユア・マークス」キーワードと感想

真っ先に「バトルアスリーテス大運動会」に思い浮かべた方・・・同業者です(次回は「よういどん」?)

直訳すれば「位置について」。複数形になっているのが今話のミソなのでしょうか。
にしてもシェリルの「今夜一晩使うくらいは許してあげる」・・・ツンデレっぷりが・・・



<今日の感想キーワード>

【女だらけの待避壕(1人は女顔の男) ポロリもあるよ】
バジュラと戦うオズマ達。
その下にいたアルトはランカをお姫様だっこ&「シェリル、こっちだ」で非常用の待避壕へ。
ランカは相当怯えてたみたいでなかなかアルトから手を離せなく「いい加減に・・・」とアルト。
「怯えてる女の子の1人や2人、俺が守ってやる。くらい言えない訳?」・・・シェリルも「私も怯えているのよ」とやんわりアピールなのでしょうか。

しかしこの待避壕は一旦入ってしまうと中からは出られないみたいで、密室で若い3人が・・・と思っていたら案の定、深夜アニメ。
外での攻撃で揺れる待避壕。シェリルがバランスを崩し、アルトめがけて倒れてこれまたラッキースケベか!?と思ったらシェリルのビンタで見事回避・・・と思ったらシェリルの胸がポロリ。本当幸運な男。
シェリル「エロガキ!」アルト「露出魔!」こんな2人にランカが「お腹空きませんか?」と差し出したまぐろ饅の形ときたら・・・深夜アニメ。


【まりえ、シェリルの居場所を探して。最優先事項よ】
シェリルの現在位置を探そうとするキャシーに「船内ネットワークの認証を貸してほしい」と頼むグレイス。
そして胸飾りを取り出し・・・キャシー「インプラント?」グレイス「フロンティアでは違法でしたっけ?」でも結構便利らしいそうです。
このインプラント使ってシェリルを探すわけですが・・・17歳のお姉ちゃんつながりで・・・


【つかもうぜ!・・・】
・・・ドラゴンボールは摩訶不思議アドベンチャー。
相変わらず待避壕に閉じ込められている3人。
シェリル「何か空気悪くない。」・・・皮肉ではなく、本当に待避壕の循環系が止まってて15分後には・・・という状況。
そんな中でシェリルが言った「私は諦めない。皆は私を幸運だって言うわ。でもそれに見合う努力はしてきたつもりよ。だから私はシェリル・ノームでいられるの。運命ってのはそうやって掴み取るもんなのよ。」

年頃のお嬢さんの胸を掴み取り、アイドルの胸ポロリを見るため努力したアルト君の努力についても聞いてみたいな・・・


【嘘も方便と言うけれど・・・】
負傷したオズマをみて倒れるランカ。
「親しい人間の死や怪我に対して異常なまでに反応するんだ」と病院でのオズマ。
外傷後ストレス障害等がきっかけで特定の体験の追想が出来なくなる&体験を想起させる要因に強い不快感や恐怖感を引き起こす解離性健忘だそうですが、
ランカにとっての特定の体験とは「肉親の全てを失ったこと」。
オズマは本当の兄ではなく、11年前ランカの家族を救えなかったパイロットであったことを聞かされるアルト。
・・・そりゃランカもショックで倒れるし、ランカ守るためにパイロット続けていることも話せないな。

とはいえアルトの「だからって何もかも隠して、それが守るって事なのかよ!」
隠し続ける限りにおいてランカは平穏でいられ続ける訳ですが、ランカが事実を全て知ったとき(or思い出したとき?)アルトはどのようにランカを守るのでしょうか・・・というよりそういうエピソードあるんだろうな今後・・・


【アルトは大切なイヤリングをもってっけーしました】
お風呂でテレビショッピングを見ているシェリル。
貴重な石を使ったネックレスにイヤリングをセットでお付けして・・・で自分のイヤリングの事を思い出すシェリル。
「全く。これでまたあいつに会わないといけなくなっちゃったわ。」・・・どこまでツンデレなんだか&前話無い無い言ってたのってイヤリングだったのね。
(1話見返してみると、落下直前のシェリルの左耳には確かにイヤリング付いていて、落下&アルトがキャッチ後はなくなっていて・・・そりゃアルト探すわけだ&それほどまでに大切な理由って!?)
にしてもテレビショッピングのおじさん見ててトーカ堂の北社長思い出しちゃったよ・・・聞きたかったな「3万9800え~ん」


【はぐれアルトはにげだした?】
「俺なら全てを知っていたい。他人に自分の運命を任すのはまっぴらだ。」とアルト。自身の生い立ちがそう言わせているんでしょうか・・・
アルト「教えろよ、あいつらを、バジュラってのは一体何なんだ。」
オズマ「聞いたらもう戻れないぞ」
アルト「かまわない」
オズマ「24時間の猶予をやる。『もう一度良く考えろ。自分が何をしたいのか、何のために、何をかけて戦うのか』をな。」
・・・ミハエルの「お前、また逃げてくるのか」の通り(転科の一件?)
オズマも「単に他人に自分の運命を任すのが嫌なだけではないか」と言う点を気にしているのでしょうか。
その行く末は・・・「いずれ自分が死ぬか、誰かを殺す」のですが、

そんなアルトは丘で歌を歌っているランカと会って・・・
ランカ「私、あそこに閉じ込められた時すごく怖かった。このまま誰にも知られないで、何も出来ないで死んじゃうんだって。そしたらね、私はここにいるよって、それを出来るだけ沢山の人に伝えられたらなって・・・そう思うようになって・・・」
アルト「無理だな・・・」
ランカ「・・・そうだよね、私なんか。」
アルト「そうやって、出来たらとか、自分なんかって言ってるうちは・・・絶対に。」
オズマやミハエルが心配する、時に危険なことにもなりかねないアルトの軽率ともとれる考え方や言動も、
ランカを素直な気持ちにさせて、目の前のチャンスに向かわせるきっかけとなりました。
(次回は「ミス・マクロス」で水着か・・・ありがとう、アルト君。&シェリルも審査やるみたいね)
かたやランカの歌を聴きながらアルトも「そうさ・・・俺は・・・」。

ギリアムの葬式にて「俺は俺一人の力で生きる。死ぬときも一人だ。それでいい。」とアルト・・・SMS入りです。
(ミハエルが言った「とことんしごいてやるからな」・・・そっち方面の意味にしか聞こえなくてごめんなさい)
スポンサーサイト

テーマ:マクロスF(フロンティア) - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/60-27ca12c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。