アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 43話「ポセイドンアドバンスジェネレイターガバス」関連検索と感想

原作5巻のタイタニック回な今回ですが、ディカプリオのタイタニックってなんだかんだでもう10年以上前なんですね。
そんなこんなで上映当時の1997年をwikipediaで少し振り返ってみると…
FF7発売やらポケモンショックやらもう10年経つんだという話ばかりで「二十歳過ぎると時間が過ぎるのはあっという間」を改めて実感してます・・・
閑話休題、そんな「沈む船の代名詞」な咲夜のクルーザーが案の定沈む今回の検索キーワードです。


<今日の検索キーワード>
※リンク先の内容・リンク先でのトラブル等につきましては責任を負いかねますのでご了承ください

ナギはツンデレではない
「つれない態度でお前をメロメロにして」と意気込むナギですが、結局つれない態度が上手にできないナギ。
「ナギはツンデレなのか違うのか」人によって解釈は異なってくると思いますが、私の場合こんな事からも「ナギはツンデレではない」と思ってます。

鎖萌え
咲夜の衣装より。
首の鎖って原作にあったっけ?と原作を読み返してみて鎖が無かったことよりスタッフの趣味と思われますが、思わず私も「鎖萌え」なんて思ってしまったわけです。

崖の上 白状
テロリストが自白したときのナギのツッコミ「動機を全て自分で解説とは、火サスの犯人かおのれは。」より。
ただ、やはり火サスの犯人は崖の上で白状すべきでしょう、船の上でなくわざわざ崖の上に上がってでも・・・

通掛聞造
小林よしのり「おぼっちゃまくん」の登場人物。
茶魔が迷子になると彼はそこにいつも偶然通りがかり道を教えるのですが、浸水が始まった船内、ハヤテの目の前に偶然伊澄がどんぶらこと通りかかった所から彼を思い出して検索。
ただし、本当に彼が必要なのはハヤテではなく伊澄自身だったりするのです。

スポンサーサイト

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/19-e7026f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ハヤテのごとく! 第43話 「ポセイドンアドバンスジェネレイターガバス」

ハヤテのごとく! 07 ハヤテにつれない態度をして、自分に頼ってくるようになってもらいたいナギ。とそこに咲夜から、クルーザーでの船旅のお誘い電話が来た。「それだっ!」と閃いたナギは、ハヤテを連れて咲夜のクルーザーで船旅に行くことにした。船内で次々と起こる...

  • 2008/01/28(月) 21:20:05 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。