アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対可憐チルドレン 31話「世界遺産!ほな、京都にいこか!」キーワードと感想

「太田胃散!ほな、二軒目いこか!」飲みすぎたときにはいつもお世話になっております…は、さておき、

東京からタッチして行ったのかは存じ上げませんが、皆本の京都出張にあわせ一緒に実家帰省の葵。
品川と新横浜に止まらない&自由席が5両あるのぞみではありましたが、
グリーン車に乗る葵は「自由席にして差額をガメたらええのに」
(ちなみに大人一人、のぞみでともに無割引(自由席の割引はそもそも無い?)の場合は5450円の差…)

葵が自由席を望む理由は「そのほうが狭いからくっつけるやん?」
皆本を独り占めできるとはしゃいでいる葵。ところがそんな葵のもとに現れたのはケン。
皆本もケンの任務の案内をするために京都に向かうわけで…「グッバイ…うちのアバンチュール。」

そういえば京都は中学校の修学旅行で行ったっきりか…


<今日の感想キーワード>

【パンドラの箱】

まず葵の実家に向かった皆本達。
弟・ユウキは皆本を危険人物扱いのようで…父・大作も「葵はまだ10歳やぞ!」。

ケンの京都に対するステレオタイプは一体いつの時代なのかはさておき、
「優しくて賢い娘さんですよ。」…葵といい雰囲気になる皆本に父・弟からの巨大ぶぶ漬け。
で、早速本来の任務のため京都を転々と…

そんな京都めぐりに葵は「サスペンス劇場に出てくる大人のカップルの旅行みたい」
それにしても原作同様、清かな水が今日の水になっていたり色々大変なようで…

さすがに原作のサザエさんはスルーか…。あと、まさかとは思っていたけど京アニもさすがになし。
(昔から京都の修学旅行というと、ラブテスターも売り出した世界的に有名な花札メーカーに行ってみたいと言い出す人がいますが、今はその座も泉こなたにもってかれた?)

閑話休題。この任務というのが、クライド・バロウというコメリカの自称アーティストなエスパーが世界遺産を破壊して回っているためによるもので、京都に現れる予知確率は低いけれども念のためパトロールをするというもの。
ただこの予知確率はパンドラによって下げられているようで…


【ラクガキ王国】

皆本との京都観光を楽しむ葵に「真面目にやれよ!」と皆本。
さらには葵を実家に帰そうとして「ずっと一緒にいたって意味ないだろ。」
そんな皆本の言葉に怒り出し泣き出す葵は「皆本はんのウンコたれ、ボケナス~」と走り去ってしまい…

ケンに指摘され、葵がはしゃぐ理由を思い出す皆本。
「でも君がどうしてもって言うならメールくらいは…」皆本がメールを打とうとするとクライドが京都に現れたようで、トカゲがスモウレスリングしている恐竜戯画がラクガキされた模様。
京都のあちこちで自称芸術なラクガキをしていくクライド。
万一の場合には援護に来る手はずになってる蕾見はお休み中。
コメリカのエスパーチームも来るのに1時間はかかるようで…葵を呼び出そうとする皆本。

そこに「ったく男なんか勝手やな。都合のええときだけよびだすんやから。」戻ってきていた葵。

「勘違いせんとってや。皆本はんのために来たんとちゃうで。うちはこの美しい京都を守りに来ただけや。」
そんな葵に「ジャパニーズツンデレ!やっぱ好きやねん!」とケンが反応。
(関東ではなかなか見ることのできない方ではありますが…)

で、テレポートをベースにした複合能力の持ち主なクライドと対決。
後ろにいるボニーと呼ばれる女性はサイコキネシスで動かしている絵の具ですが…3Dにはなれなかったみたい。


【ありがとう、いい薬です】

ボニーから放たれた粘着剤により目隠しされてしまう葵はクライドを捕り逃してしまい…
「やっぱり一人じゃ、薫と紫穂が一緒にいてくれな…」そう落ち込む葵に「前にも君は一人で立派に任務をやり遂げたじゃないか。」と皆本。
さらに三次元空間を直に感知してそれを操るテレポーターとしての感覚を信じることを葵にアドバイスし、葵はクライドと再戦し勝利。

再び葵の実家。葵の父・大作は葵の寂しさに気づかなかった昔の事を思い出し…
当時の薫に葵が好きなら好きと言わないと葵は分からないと言われ…
紫穂には葵が自分はいらない子だからバベルに来たと思っていると言われ…

「あの子は幸せや。ええ仲間に恵まれて。」
涙する父を慰めたのは、後から来たメアリー。
さらには寝坊してきた蕾見がほたる・奈津子も連れて来て
…「おおっ!きれいどころが3人も。」自分も幸せや。きれいどころに囲まれて。な父・大作。
その様子を見た母・マリは、別室で800万円の訪問着を仕立てようとして…「うちはうちで、うさばらしさせてもらいますさかいに。」

そういえばアニメじゃケンとメアリーって登場するたび和室で宴会をやっているような気が…
(私もなぜか先週は飲み会続きで…久々に半分記憶がとんだ…)

スポンサーサイト

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/156-b7597f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。