アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒執事 04話「その執事、酔狂」キーワードと感想

「その潮来、水郷」茨城の誇る日本のネオ・ヴェネツィア…はさておき、

「その執事、総天然色 動作流麗 毎週放送」単行本の帯でそう書かれた黒執事のアニメ化。
そしてついに「女装シエル、総天然色 動作流麗 今週放送」…可愛すぎだっての!!

「契約書は悪魔が契約人(えもの)を見失わぬようにつける痕(しるし)」
「契約書は目につく場所にあればある程強い執行力をもつ。そのかわり…」
「…絶対に悪魔から逃れられなくなる。」

そして今宵限定「あくまで家庭教師」役なセバスチャン。
セバスチャンがシエルにコルセットをつけるシーンは思いきり思わせぶりでしたが、
契約にしろコルセットにしろシエルはいろいろ縛られてしまう運命のもとのようで…あ、また捕まった。


<今日の感想キーワード>

【ウチはなんやハヤテの心がこもった…「爆笑」があればええねん。】

…別の執事の話だったりしますが。

「ジャック・ザ・リッパー」と呼ばれる犯人により、特殊な刃物で原形をとどめないほどめちゃくちゃに切り裂かれる殺人事件。
そのような事件の頻発を受け、ロンドンに向かったシエルとセバスチャン。
そんな二人はマダム・レッド達と一緒にシエルの知り合いの葬儀屋へ。

「小生にはちゃ~んと分かっているよ。ああいうのは表の人間向きのお客じゃない。小生がね綺麗にしてあげたのさ。」
事件について語る葬儀屋に「その話が聞きたい」とシエル。

葬儀屋は表の仕事。そんな彼が求めた情報料は…「極上の笑いを小生におくれ」
…どこの愛沢咲夜!?は、さておき

「上海では新年会の眠れる虎と呼ばれた私の真髄、とくとご覧あれ」な劉…爆笑ヒットパレード。
(…「ふとんが…ふっとばなかった」のは橘ワタル。)
「社交界の花形、このマダム・レッドがとっておきの話を聞かせてあげるわ。」とマダム・レッド…爆笑レッドカーペット。
(…放送できないお話で小笑以下。)

そしてセバスチャンも参戦…しかし「絶対に中を覗いてはなりませんよ」とシエル達を外に出しての披露。

「せやから期待しとるで?「愛と流血の執事コメディー」主人公」(by咲夜)
その結果は「小生は理想郷を見たよ」…満点大笑。


【柊姉妹と城崎絵美とインデックス】

葬儀屋の話から「医学・解剖学に精通する者。その中で事件発覚前夜にアリバイのない者。そして臓器などを持ち去っていることから儀式性…秘密結社や黒魔術に関わる者も挙げられます。」
そんな中、容疑者に挙がったのはドルイット子爵アレイスト・チェンバー。そして皆で彼のパーティーに潜入することに…

…気合入ってるなぁ(スタッフーも)女装シエル。
「私、女の子が欲しかったのよね~」&「ファントムハイヴってバレたらまずいんでしょ?」なマダム・レッドの発案のようですが、
「こんな姿、絶対にエリザベスには見られたくないな。」シエルがそう言ったそばにはエリザベスが…「ファントムハイヴってバレたらまずいんでしょ?」ファントムハイヴ家末代までの恥のピンチ。

けれども当初の予定通りドルイット子爵に接近することができて…シエルの事を「駒鳥」と呼ぶドルイット子爵。
(「こまどり姉妹」…昔過ぎだって。同じ姉妹なら…柊姉妹。)

そしてシエルの言葉使いに、自分も守備範囲が広いのか?とおもってみたり…あなた、最低です。
(帰りの上野駅。「急行 能登」の構内放送を聞いて心の中で「かわいいよ能登」と反応する日常に最近では「最低です」がプラス。んで、黒執事とセットで「今夜楽しみだなぁ」と思う10月からの毎週金曜日。)

ダンスが終わりシエルに駆け寄ってくるエリザベス。「(エリザベスが来たらすべてパァだ)」そんなシエルのピンチにセバスチャンは「ここでお集まりの紳士淑女の皆様に魔術をご覧に入れましょう」。いきなり始まるマジックショー。
(…とある魔術の禁書目録。あの10万3千冊の記憶術を是非ともご教授いただきたい今日この頃。)


【さそり座の女】

いいえ私は ファントムハイヴの男 お気のすむまで 笑うがいいわ…はさておき、

「これから行く所はとても楽しいいい所だよ。」そんなドルイット子爵とともに奥に向かうシエル。
しかしそこでシエルは意識を失い…気がついたときには自分が目玉商品な闇オークション。

「(この男、殺した娼婦の臓器はここで売りさばいていたというわけか)」
そんなシエルは「セバスチャン、僕はここだ」。セバスチャンを呼び出すシエル。そしてあっという間に始末完了。

「本当に捕まるしか能がありませんね。」シエルをそう評するセバスチャンは「地獄の果てまでお供しましょう。」とシエルに言い…
…思いこんだらいのちがけなのか、はさておき、これで事件は解決。…と思っていたら

「ジャック・ザ・リッパー再び現る!」まだ事件は解決していなかったようで…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/151-0686f389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。