アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H20春・情報処理技術者試験受付開始!

そんなこんなで本日より平成20年度春期試験の受付が開始です。
例によって今回は『テクニカルエンジニア(データベース)試験(DB)』を受験します。というか先ほどネット経由で申し込んでまいりました。
http://www.jitec.jp/1_11seido/h13/db.html
 (独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター)


昨年は「この業界も3年目、いい加減にその手の資格位はとっておかないと」
という事でソフトウェア開発を受験したわけですが、今回はその延長線。
現在の仕事に最も近いという事でテクニカルエンジニア(データベース)の受験です。
昨年春のソフトウェア開発受験時も、午後I/午後IIともにDB絡みの問題が出てて
ラッキーなわけでしたが、今回は完全にDBメインでございます。


さてさて試験対策ですが。昨年暮れよりすでに勉強を開始しております。
世の中にはいろんな勉強法があるみたいですが。
過去の自分の落ちた受かったを振り返ってみると
結構これらの勉強法は的を射ているみたいですよ。

そんな『資格受験は道楽だ、一種のプレイだ。』な私の試験対策をざっとまとめてみるとこんな感じです。
(定番なことばかり恐縮ですが・・・というか「ここのどこがプレイなんだ」というツッコミが入りそうですが)

【参考書・問題集選び】
とりあえず良さそうな2~3冊買って実際に勉強してみて、
『肌に合う』1冊にさっさと絞ってます。ちなみに今回の一冊は↓のとおり。
平成20年度 テクニカルエンジニア データベース 合格教本 (情報処理技術者試験)平成20年度 テクニカルエンジニア データベース 合格教本 (情報処理技術者試験)
(2007/11/07)
山平 耕作

商品詳細を見る

問題集に関しても過去問集とかが1つあればとりあえずOKな感じです。
いずれにしても、参考書・問題集はたくさんあればいいというものでもないので
最低限必要なものしか買わなくなりました(必要があれば買い足せばいいので)

【勉強時間】
社会人にとっての最大の問題のはず。
ちなみに私の場合、行き帰りの電車の中メインで勉強してます。
いかんせん茨城から東京に通う身、通勤時間は長くなってしまうものです。
んなもので、この長い時間有効に使わせていただいております。
ただ、頭を使いっぱなしで会社についても何なので行きの最後の10分だけは寝てます。
(コレで最低1時間は取れているはず・・・、ある意味長距離通勤者の特権なわけです)
家では主に問題集を解くなどじっくりとやりたいことを主に寝る前にやってます。
(寝る前の勉強は暗記物にはいいのですが、それ以外は本来朝にやったほうがいいらしい。とも聞くので今後の検討課題です。)

【ノートはとらない、参考書に直接書き込む】
ノート、これが時間を喰う割に意外と効果が上がらない訳です。
「結局試験で答えられればいい」と割り切ってからは参考書に直接色々書き込むようになりました。
(1つ例外は、問題集解く時に作る「間違い箇所ノート」。何をどう間違えたかだけはチェックしてます)
私の場合、参考書内の重要と思われるor自分で覚えたいと思う箇所にチェックを入れたり、自分が思ったことを書き連ねてます。ページによってはかなり汚くなることもしばしば・・・

【気持ちよく勉強できない時は勉強しない】
・・・コレ、私の場合最も重要です。もち、毎日コツコツとやり続けることが原則なわけですが、どうしても気分が乗らないとき(勉強していて気持ち良くならないとき)はあえて勉強しません。


他にも私なりの流儀があったりしますが、それはもはや『試験勉強での遊び方』と言ったほうが適切なのでまた次回なわけです、ハイ。

いずれにしても、私の場合『コツコツと多少アバウトにやりたいように楽しむ』というのが原則な様です。

・・・なにせプレイですから
スポンサーサイト

テーマ:情報処理技術者試験 - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/15-42055af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。