アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対可憐チルドレン 25話「安産祈願!こんにちは、赤ちゃん」キーワードと感想

「大阪万博!こんにちは、世界の国から」は「世界の国からこんにちは」。
それにしてもレツゴー三匹は何故「三波春夫でございます」なのか・・・そんな事を言っているから20代の人間に見られない自分。はさておき、

そんな大阪万博の7年前の「こんにちは」な今話。
エスパーとノーマルの関係について、仲良くする事ができるのか、エスパーとして産まれて来ることを親はどう思うのか。
そういう事を考えている薫。そんな時、実際にこれからエスパーの子供が産まれる妊婦と出会って・・・

「そうだ、だから安心して産まれてこい!」10歳とは思えない薫の言葉に・・・ただただ素直に涙がポロリ。


<今日の感想キーワード>

【アナタノオト】

未だ兵部を見つけられないバベル。
また、世界各地で強い力を持ったエスパーが行方不明になっていたり、刑務所から姿を消していて、どうも兵部のもとにエスパーが集まっている模様・・・

そんな中、局長は「バベルは、私はエスパーとノーマルが手に手を取り合って仲良くできる未来を作りたいのだ。」
対してパンドラで薫を待つ兵部は「彼女も気がつく。エスパーとノーマルは共存できないとね。」

一方、そんな兵部に待たれている薫。
通学途中にちさとに3人そろって早退したり休んでいることを疑問に思われて、チルドレンの事を何とか隠そうとしていますが・・・

「(エスパーとノーマルが本当に仲良くするってどうしたらいいんだろう。)」
授業中そんな事を考えていた所、やまべ先生に注意された薫。

丁度算数の授業だったらしく黒板には「三角形のなかまをつくろう」
・・・三角形に反応してしまう自分はマクFの観過ぎ。
あっちも、人類とバジュラが仲良くできる展開になるのかどうなのか、最終回のタイトルにもなっている「アナタノオト」。
どっちか妊娠?って事なのか・・・


【愛を+(プラス)ワン / この愛を未来へ】

前者は、16年前のアニメ「ママは小学4年生」のOP曲。
そこでは右と左がパパ・ママで1つのテーブルを囲んでパンを食べてましたが、
皆本達は1つのテーブルを囲んでご飯と味噌汁を食べてる・・・

下校途中、妊婦であるスミレと出会う薫達3人。
スミレの様子に紫穂は「どうしてかしら。何か困ってる、ううん何か悲しんでる。」

その事について食事中に「でもさ赤ちゃんが産まれるのって嬉しいもんじゃないのか?」と聞く薫に皆本は「そうだね、嬉しくない親なんていないと思うけどな。」
それがたとえエスパーであっても嬉しいと言う皆本は「僕も、君たちが産まれてきてくれて嬉しいよ。だからこうして出会えた。薫、葵、紫穂。産まれてきてくれてありがとう。」

後者は、同じくED曲。
「あなたと私は 今みつめあい 言葉も交わさないで 愛にみたされた」・・・いずれも名曲。


【だから安心して産まれてこい】

がけ崩れで崩落したトンネルに閉じ込められた人たちを救助するため出動するチルドレン。
その中に下校途中に会ったスミレもいて、スミレを助けようとしたところ急に3人とも超能力が弱まってしまい、自分たちも外に戻れなくなって・・・

その原因はスミレのお腹の中の赤ちゃん。
超能力を持ったその赤ちゃんの念波が3人超能力に干渉している為によるもの。
「産まれるのを怖がっている。」・・・紫穂が感じ取った赤ちゃんの気持ち。それは両親がエスパーがうまれることを怖がっていたから。
外の世界に出ることが不安で、それで暴走している赤ちゃん。

そんなお腹の中の赤ちゃんに
薫は「あたしたちエスパーとして産まれて、嫌なことや悲しいこと、たくさんあった。親にも怖がられて、学校にも通えなくて、友達もいなくて。でも、エスパーだって結構いいことあるんだぞ。嬉しい事だってたくさんあるんだぞ。出会えてよかったって言ってくれる人がいるんだから。」
葵も「せやで、怖がることなんかないねん。うちらかておるやんか。」
紫穂も「そうよ、私たちがきっと守ってあげる。」

「そうだ、だから安心して産まれてこい!」薫がそう叫ぶ頃、皆本達も救助の準備が整って・・・無事救助成功。

・・・ここは、ただただ素直に涙がポロリ。
それにしても「怖がることなんかない」「守ってあげる」「だから安心して」。
その一言だけでここまで心打たれるものなんだと改めて思ってみたり・・・

ともすればただのお涙頂戴展開にもなりかねないところですが、
そういうのを上手く消していけるのもアニメならではの事だとも思ってみたり・・・


【赤ちゃんはどこからくるの?】

ちょっと前、そんたタイトルのゲームがあったなぁ・・・

今回の救助劇について皆本は「バベルのみんな、レスキュー、消防、みんなが力を合わせた結果だよ。」
そう言われた薫は「(ほら、エスパーだっていいことあるだろう、なっ。)」
これが局長の考えるバベルの望むべき未来の姿・・・エスパーもノーマルも協力し合って仲良く暮らせるそんな未来。

その様子をこっそり見ていた兵部、バレない程度に薫の手助けもしてましたが、
「それにあの赤ん坊も将来僕達の仲間になるかもしれない。」そんな兵部に「ほんとに小さい子には見境ないな~」と桃太郎。
(一郎とかルルロフとかでもいいのか・・・)

そして、赤ちゃんも無事誕生。
怖がっていたけれども何だかんだで「よく産まれてきた!産まれてきてくれてありがとう!」と心の底から喜ぶ両親。

その様子を見ていた薫は「(子供が産まれて嬉しくない親なんていない。エスパーとノーマルだってきっと仲良くできる、できるよ!)」そして皆本にいきなり「あたしも皆本の赤ちゃん欲しいな。」
葵と紫穂もそれに乗っかって、3人そろって赤ちゃんが「どうやったらできるの」と皆本にからかいながら聞く薫達。

・・・そう言われた後、皆本の考えていることをうっかり紫穂が読んじゃってたら・・・3人そろってパンドラ入り!?
スポンサーサイト

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/129-f67db749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶対可憐チルドレン 第25話

絶対可憐チルドレン第25話、「安産祈願!こんにちは、赤ちゃん」。 とある幸せな夫婦が赤ちゃんを授かった。しかし、子供はエスパーだとい...

  • 2008/09/22(月) 22:12:53 |
  • おちゃつのちょっとマイルドなblog

絶対可憐チルドレン 第25話「安産祈願!こんにちは、赤ちゃん」

最終回?かとテレビ蘭を見直したり(笑) 局長が真面目だし、なんかいい話ぽかったです。 これも一つの暫定最終回とか?(違) 出産間近の...

  • 2008/09/23(火) 20:35:00 |
  • SERA@らくblog 3.0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。