アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF 23話「トゥルー・ビギン」キーワードと感想

「今日人類がはじめて木星についたよ」・・・は「さよなら人類」。
ビギンという割に「たま」だったりしますがそれはさておき、(なんだかんだイカ天繋がりか・・・)

前話の「バジュラの真の女王の住まう星。私たちの宝島に!」なグレイスに引き続き、ランカたちもバジュラの星に到着。
一方、アルトとシェリルは新婚さんごっこ。けれども二人の胸の内にあるものは・・・

そして、レオンは・・・
「旅はまもなく終わるでしょう。諦めるのではなく最良の、いいえそれ以上のゴールをもって。」
「あの星こそ、我らの約束の地だ。聖なる戦いを始めよう。」
フロンティアもAクラスの居住可能惑星なバジュラの星目指してフォールド開始!

(それにしてもレオンと話していた議員さんの「旅をあきらめてギブアップしろと?」
 猿岩石も飛行機で短距離フォールド・・・そんな事をちょっと思い出してみたり。)

・・・最終回になる日も近づいたんだよ。


<今日の感想キーワード>

【はしゃいで、甘えて】

・・・は、アルトと新婚さんごっこな今週のシェリル。

アルトと一緒に料理をするシェリルは包丁で指先を負傷。
指先の血をアルトが吸ってあげれば、もっと新婚さんっぽいですが、
それはそれで後々大変なことになる?のは言わずもがな。
けれどそうなれば、もはや二人の間に言葉は要らないわけで・・・はさておき、

「ねえ、乾杯しましょう、乾杯。」なシェリルで始まるお食事タイム。
シェリルにとっては「こういうのずっと夢だったの。」・・・ロリ時代からのあこがれ。
アルトの料理の味はというと、「やだ、おいしい。もう、アルトのくせに生意気。」

ぐびぐび飲み物もすすむシェリルにアルトは「おいおい、いくら酒じゃないといってもそいつは」・・・視聴者への未成年者の飲酒は法律で禁止されています的フォロー。
じゃあどんな飲み物なんだよ?と思いつつもアルトの予想通りソファーで横になっちゃうシェリル。
そんなシェリルはアルトに抱っこを要求し、抱っこでベッドに連れて行くアルト。
その途中、シェリルはアルトに「帰っちゃだめよ。ずっとそばにいなさい。」。

ベッドで寝るシェリルをみてアルトは
「急にはしゃいだり、甘えたり、らしくないぜ。(薬の瓶見て)無理もないか。」
(シェリル曰く「優しいのは罪よ。それが同情だって分かっていても甘えたくなるから。」みたいですが・・・)

このお食事シーンで思い出すのは「飲もう今日はとことん盛り上がろう」・・・森高千里の「気分爽快」。
ただこの曲、二人して彼に憧れて、その相方に彼をもってっけーされた女性のトライアングラーな歌だったり・・・


【伝えて、捕まって】

・・・は、バジュラの星にやってきた今週のランカ。

ここまで連れて来てくれたことを感謝するランカにブレラは
「記憶のないサイボーグにとって命令は絶対。それを遂行することが存在意義だった。だがお前の歌を聴いたとき、俺の中に何かが溢れた。戦闘マシンであるはずの俺に。これはその礼だ。だから気にするな。」

しかし、アイモの事については「空っぽな俺の中に残されていた唯一の・・・」のようで・・・
そんな二人めがけてバジュラの防衛部隊がやってきて・・・「きっと届くと思う。これまでだってやれたんだから。」とアイモを歌うランカ。
ブレラもハモニカをふいていましたが、そんなハモニカを「お守りだ。お前の願いが届くように。」とランカに贈呈。

これで間接キスし放題・・・と思ってしまった自分はさておき、それでもなかなか攻撃をやめてくれないバジュラ。
しかしランカは「なんとか止めたいって、戦わないで済むようにしたいって、だから来たのに!」
そしてあい君に「お願いあい君。みんなに伝えて。私あなた達に伝えたいことが」と頼むものの、あい君に捕まってしまうランカ、飼い犬に手を噛まれた状態。

その中でランカはブレラが兄であることを思い出し「お兄ちゃ~ん!」と叫んだり・・・
ブレラはグレイスからランカが妹であることを明かされたり・・・


【繋がって、群がって】

・・・は、レオンとビルラーがアルトに明かしたバジュラの正体。

レオンが言うには「バジュラは人間を抹殺しようとしているんだよ。ランカ君を足がかりにしてね。」
そしてバジュラが脳を持たない理由について「彼らは腸で、より正確に言えばフォールド波を放つ腸内細菌のネットワークで情報伝達を行う。」と説明。
その情報伝達が群れ全体に拡大され、一つの群れ、一つの種族で一個の生物のように振舞うとの事で、
ビルラーも「これなら言語、いやそもそも他者とのコミュニケーションすら不要だ。フォールド波によるネットワーク生物、それがバジュラなのだよ。」

でも、何でそれが人間の抹殺につながるのか、二人に相当バイアスかかってるなぁと思いつつ、
バジュラも、宇宙でたった一人の孤独な生き物なのかなぁと思ってみたり・・・

ちなみにランカの事(歌がバジュラに通じる事)についてレオンは・・・
「例外があるとすれば生まれる以前、母体内で感染しバジュラとの共存を選んだ。またバジュラ側も彼女を利用しようとした。そうとしか考えられない。」
だとすると今話のあのランシェはV型感染症か・・・

さらにレオンは「だからバジュラはランカ君を狙うのだよ。彼女は人類とバジュラをつなぎ、そして、我々を滅ぼす先兵となるだろう。」
むしろバジュラは人類と繋がりたいんじゃないかと思ってみたり・・・
ただ、ずっと孤独に生きてきたバジュラは他の誰かを愛することを知らないor忘れてたとか?

「歌は愛」なエルモ社長。そして再び「たま」の「さよなら人類」は「歌を忘れたカナリヤ」・・・
愛を忘れたバジュラは、歌を忘れたカナリヤのようなものか・・・


【出てって、出会って】

・・・は、ランカとの出会いを語る今週のアルト。

病院でおとん嵐蔵の様子を見ていたところ、矢三郎兄さんがやってきて・・・

そんな中、矢三郎兄さんは「アルトさん、私にはあなたが成り行きで戦っているとしか見えない。」とアルトに言ったり、
(痛快なりゆき番組は「風雲!たけし城」・・・いつの間にか隊長になっていた万年2位のアルト姫と、たけしになかなか勝てない谷隊長か被って見えて・・・)

そして最後に「もう一度良く考えてください。あなたの望み、あなたがなぜ何を求めているのかを」
そう言われたアルトはナナセの病室でランカの絵を見ていて「ランカ、俺は・・・」そこに現れたのはクラン。

クランと話をするアルト。
アルトはクランにSMSに入った理由を聞き・・・

クラン「軍人になるのは一族の伝統だ。だから兵士になるのに疑問はなかった。そういうものだと思ってたからな。」
アルト「俺もそう思ってた。俺は役者になるもんだと。でも、空にあこがれ家から出た、パイロットを目指して・・・そして俺はあいつに出会った。あいつを守るためにSMSに入ることを選んだ。戦うこと、守ることを、それからずっと・・・」
クラン「いきなり昔話か?」
アルト「確かに俺は今まで逃げてたのかもしれない。いろんなものに気づかないふりをして。でもそれも終わりだ。こんなちっぽけで、ほんの少しのバランスで壊れちまう世界。でもみんなここで生きてる、生き続けたいと願ってる。だから、ランカが、バジュラの道具にされるなら、あいつの歌が俺達を滅ぼそうとするなら、俺は、ランカを殺す。」
クラン「アルト・・・それがお前の愛か。」

それをこっそり聞いちゃったシェリルは「分かっていたことよ。でも今だけ、もう少しだけ・・・」
さすがに「今私気分爽快だよ」(気分爽快/森高千里)にはなれないか・・・
スポンサーサイト

テーマ:マクロスF(フロンティア) - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/125-351ee8c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マクロスF第23話 「トゥルー・ビギン」

アニメマクロスF感想。 発言者:→宵里、→春女です。 「ランカ母の

  • 2008/09/14(日) 00:38:02 |
  • 獄ツナBlog5927

マクロスF 第23話「トゥルー・ビギン」

俺はランカを殺す! このセリフをアルトに言わしめるとは… バジュラの秘密もついに明かされ、いよいよ物語りも大詰め。 ようやくバジュラの巣に着いたランカ。 アイモをランカは歌い、ブレラはハーモニカで奏でる。 ブレラはお守りにとハーモニカをランカに渡す...

  • 2008/09/14(日) 00:56:24 |
  • のらりんクロッキー

マクロスF 第23話「トゥルー・ビギン」

マクロスFの第23話を見ました。第23話 トゥルー・ビギン「あなたはまさか、そのために彼らを犠牲にしようというの!?」「何がいけないの?私のインプラントネットワーク理論と、バジュラのゼロタイムフォールド通信を組み合わせれば世界を変えられるのよ?」「でも…ゴホ...

  • 2008/09/14(日) 06:42:17 |
  • MAGI☆の日記

マクロスF 第23話 「トゥルー・ビギン」

あぁ…次週のシェリルが心配ですよ。最後のあのシーンとか見ているともうね……シェリルがまさかの脱落!?っていうこともありえますよね。

  • 2008/09/14(日) 09:21:52 |
  • Shooting Stars☆

(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第23話 「トゥルー・ビギン」

マクロスF(フロンティア) 4 (Blu-ray Disc) フロンティア船団内の資源はいよいよ窮乏してきた。食料は配給性になり、酸素は低下しつつあった。そんな中、アルトはV型感染症をわずらうシェリルに手料理をふるい、つかのまの安らぎの時を過ごす。だがその直後、アルトは...

  • 2008/09/14(日) 16:38:16 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

マクロスFrontier #23『トゥルー・ビギン』

最終回に向けて盛り上がって来るかいな~?なマクロスF #23。 『俺は今まで逃げていたのかもしれない…でもそれも終わりだ――。』 アルトの最初にして最後の決断とやらはどう落ち着くのか?ってのが 今回の目玉だったわけですが・・・ シェリル、最高だ。

  • 2008/09/16(火) 02:57:56 |
  • 風庫~カゼクラ~

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。