アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対可憐チルドレン 22話「孟母三遷!皆本、凶弾に散る!?」キーワードと感想

「妄想サーセン!皆本、賢木に落ちる!?」・・・は、負傷して入院した賢木の為にりんごをむいてうさぎを作っていた今話の皆本。
賢木に「お前いい嫁さんになれるぜ。」なんて言われて「いや、これはつい癖で・・・」、このやり取りをチルドレンとかに聞かれていたなら・・・はさておき、

コメリカ時代に皆本が賢木に「子供じゃないんだから自分の事ばっかじゃなくて相手の事もわかってあげたらどうなんです」なんて説教して以来仲の良い二人。
そんな賢木に普通の人々とつながっているのでは?というスパイ疑惑が持ち上がり、一人で調査を始めた皆本。

結局は「モガちゃん、僕はバベルをぶっ壊す」的な反逆の九具津の仕業でしたが、
そんな中皆本は薫に「子供とか大人だとか言う前にあたしらチームだろ」と言われ、コメリカでの賢木への説教を再び思い出し・・・
(ビデオを観返したところ、薫が実際に言ったセリフと病院での皆本の回想が微妙に・・・)

<今日の感想キーワード>

【おじいさん!茨城県にバケモンがいるわ】

はNHKの「着信御礼!ケータイ大喜利」の『おじいさんが「そんなことではしゃぐんじゃない!」ハイジ、何と言った?』と言うお題に対する岡山県のデーモン日暮れさんの答え。
ちなみにそんな茨城県のバケモンさんの答えは「おじいさん!田舎者が垢抜けていく過程を見たよ!」・・・はさておき、

コメリカ時代の賢木「思っただろうが。バケモンが来た、心が読まれるってよ・・・」ノーマルな学生に暴力をふるっていた賢木。
そんな賢木に「子供じゃないんだから自分の事ばっかじゃなくて相手の事もわかってあげたらどうなんです」と思念波を通じて説教した皆本。

・・・それ以来の二人の仲。そんな中での賢木のスパイ疑惑に「賢木がスパイだなんてありえない!」そして自分の親友を疑わなければならない今回の任務にチルドレンを巻き込みたくないということから、リミッター解除装置も局長に預けて一人で調査する事に。


【お酒での失敗】

「大人には色々付き合いがあるんだよ。」な皆本・・・そんな付き合いでベロンベロンに酔って、柏の国道6号の歩道に寝ていたのは2年前の自分。市街地の歩道でホント助かった・・・はさておき。

賢木の調査のため、賢木と一緒に飲み歩く一週間。
お酒や香水の匂い、ピンクの名刺、襟の口紅、チルドレンに色々突っ込まれても一人で調査する以上
「仕事だ仕事!」透視プロテクターを使って紫穂に心を読ませなかったり、服務規程を言い訳にしながらごまかす皆本。

そんな様子を見たチルドレン、奈津子とほたるに電話をし・・・

その後、賢木から奈津子とほたるに合コンに誘われる皆本。そこで、
「合コンの席で僕が賢木を酔っ払わせるからそのスキに君たちはあいつを透視してほしいんだ。」
と、奈津子とほたるに頼む皆本。しかし奈津子とほたるによりこの合コンがチルドレンと組んだものであることが判明。

どうしようかと悩む三人のもとにやってきたのは九具津。
メカ朧よりかは簡単なつくりであろう皆本の等身大人形をつかってチルドレンをごまかすことに(・・・結局すぐばれちゃいましたが。)


【仲間を疑うのはイヤだけど】

・・・は4巻P37なナオミ。アニメでは「人を信じるのは悪いことか」なんて啖呵を切っちゃってたけどどうなるんだろ?と思ってみていた合コン。

途中トイレで中座した賢木。そこで皆本は奈津子にトイレの様子を透視してもらったところ、賢木がスパイ行為をしていて・・・
しかし、辛いものが苦手な賢木が合コン中辛いものを食べていたことから九具津の人形による仕業と判明。
(賢木の事が何でも全部わかる皆本・・・不思議じゃないよだってアタシはあなたを愛してんだもん、度々妄想サーセン。)

「動くな九具津!お前が裏切り者だったんだな!」皆本の問いに「賢木は裏切り者のスパイとして死ぬ。これで僕の復讐は完了するはずだったんですがね。」、これが自分の復讐であることを明かす九具津。

その頃、ナオミはすでに九具津によってエスパー錠で拘束されていて・・・結局スルー。
さらに本物の賢木は九具津によって撃たれて負傷中・・・


【年齢なんて関係ねぇ】

皆本の行方が気になるチルドレン。谷崎&局長から皆本が一人で賢木の調査を行っていることを知り、「なんであたしたちに言わないんだよ」と薫。
そして「賢木先生がスパイじゃないって証明するんだ。皆本が違うって言ってんだろ。なら違うに決まってる」(薫)。リミッター解除装置を持って皆本のもとに向かうチルドレン。

「今回の任務は仲間を疑って逮捕する仕事だ。保護者としてあいつらをそんな任務につけたくなかった」
一人で任務にあたった事、リミッター解除装置を持っていない理由を奈津子とほたるに話していた最中、
「ガキ扱いすんなっていつも言ってんだろ。子供とか大人だとか言う前にあたしらチームだろ」(薫)とリミッター解除装置を持って助けにやってきたチルドレンに皆本は「そうだな僕が間違っていた。」「(一言こういえばよかったんだ)僕と一緒に戦ってくれ」

ちなみに「年齢なんて関係ねぇ」は年下の少年少女にちょっかいを出す(!?)某マイスター・・・ぼちぼち26話か。
(中の人繋がりなハムさん的には「やはり私と君は運命の赤い糸で結ばれていたようだ。」か・・・三度妄想サーセン。)

そして九具津を倒して捕まえるチルドレン。
一方の皆本たちは奈津子・ほたる・ナオミの超能力で負傷した賢木の応急処置をし、賢木は「エスパーが一致団結すればすげえ事が出来るって見本だ。」チームの大切さを説いてみたり・・・

スポンサーサイト

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/120-f04343b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶対可憐チルドレン 第22話

今回は、皆本が賢木のスパイ容疑を晴らそうとする話。 親友になったきっかけはコメリカ時代のあんな出来事だったんですねぇ。 九具津の暴走もありましたが最後は無事に助かって本当に良かったです。 賢木にかけられたスパイ疑惑は、一体いつの間にそんなことになって...

  • 2008/09/01(月) 11:13:16 |
  • パズライズ日記

絶対可憐チルドレン 第22話

絶対可憐チルドレン第22話、「孟母三遷!皆本、凶弾に散る!?」。 賢木にスパイ疑惑が。親友である皆本は疑惑を晴らそうと賢木の行動を監...

  • 2008/09/01(月) 22:42:49 |
  • おちゃつのちょっとマイルドなblog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。