アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対可憐チルドレン 20話「超獣戯画!時にはケダモノのように・・・」キーワードと感想

「超神ネイガー!時にはナマハゲのように・・・」は秋田のローカルヒーロー。つくばでも「時空戦士イバライガー」というローカルヒーローが活躍中・・・はさておき、

真夜中にお腹を空かせた桃太郎。ひまわりの種を求めてペットショップへ侵入。
その帰り道、電線に接触する感電事故に遭い・・・そんな桃太郎の過去話をザ・ハウンドの強化訓練に向かった先で知ることになる皆本。

信じること、裏切られること、でもまた信じること。
「でもそれってまだ人間に愛着があるってことの裏返しじゃないですか。」

原作とは異なる展開もあるものの、原作ではバラバラだったエピソードの前話とセットになっているは構成の妙。
個人的にはこれまでの20話のうちで19&20話がトップクラスな回かと・・・


<今日の感想キーワード>

【大好きなのはヒマワリの・・・誰?】

倒れている桃太郎を見つけ「うちにつれて帰って介抱しよう」兵部のモモンガにもかかわらず連れて帰った薫達。

介抱されて目覚める桃太郎。しかし、
「実験は成功だ。」「だがこう気が荒くちゃなぁ。」「大丈夫さ、敵地まで運んで暴れさせればいい。」
過去の記憶とともに目覚めた桃太郎は「お前も敵か!」と薫に噛み付き・・・「最近の記憶をなくしている」紫穂により記憶喪失が判明。

「混乱してるのよ、怖くないってわからせて」紫穂のアドバイスで痛みを我慢する薫はナウシカネタ・・・
(そういやまだ「ポニョ」観てないなぁ・・・)

おとなしくなった桃太郎について薫は「ここで飼おうよ」と葵と紫穂に提案。
そこにやって来たのは、ザ・ハウンドの強化訓練で皆本が不在ということで皆本にチルドレンの事を任された柏木。
そして桃太郎を隠す三人・・・


【大好きなのは柏木の胸】

桃太郎を隠しがてら入浴の三人。薫は一緒にお風呂に入ろうと桃太郎を誘うも「全力で遠慮する。」
そして「朧さんが来ているのに何やってるんだあたしら」。思い出したように薫は柏木に全力でエロコメ展開・・・一応午前10時でもアレは大丈夫なんだと思いつつ、
その様子を見ていた桃太郎は「薫から離れろ!人間!」と暴れだし・・・桃太郎を隠していたことがばれちゃった瞬間。
そこに皆本が戻ってきて・・・解禁。「サイキック力づくで押さえつけ」で桃太郎を押さえつけたものの皆本にバスタオル姿を見られた薫・・・自分自身がエロコメ展開。


【大好きだった人間の事】

「こいつは実験動物だからだ。」「戦争の為に人工的につくられたエスパーの生き残りなんだ。」
桃太郎の過去について語る皆本は「かわいそうだが危険すぎる。バベルで保護して厳重な管理下におくほかないだろう。」

そんな中目覚めた桃太郎は「よくも騙したな薫!お前も敵だ!僕を騙して捕まえた!」再び暴れだす桃太郎。負傷する明。
そして皆本は「危険な動物を放置するわけにはいかないんだ。」ライオンや虎を引き合いに出し薫を説得する皆本。
「お前にだって分かるだろう」しかしそれはタブー・・・「皆本はノーマルだからそんな事が言えるんだ。自分がライオンや虎だった事がないから。」

薫が大好きだったのは皆本の「大丈夫、心配しなくていいって。僕に任せろって」・・・。でも皆本は結局「すまん」特殊部隊を出動させようとする皆本。
少し垣間見えるエスパーとノーマルの越えられない壁。ここを超えられるかどうかで未来も変わるはずで・・・


【やっぱり大好きなのは種と胸と人間】

桃太郎とリプレイスしようとしたときに伝わったという桃太郎の感情を皆本に明かす明。
「あいつ元々は研究員に育てられてたんスよ。そして信じてたのに裏切られてすげー怒ってる。でもそれってまだ人間に愛着があるってことの裏返しじゃないですか。薫ちゃんがうまくやればまた人間を信じるかもしれない。」

「(あいつらは桃太郎と自分を重ねているんだ・・・でも。)」そう思う皆本の前に現れたのは兵部。
皆本達を助けた兵部は桃太郎のもとへ・・・「僕も自分は人間だと思っていたよ。だからみんなの為に戦った。国や仲間を信じてたから。だからそれが間違いだって分かった日の事を、僕は忘れない。君と同じように。」
薫同様、暴れる桃太郎の攻撃を全て受け止める兵部。でもすぐに「いい加減にしたらどうなんだこのチビ!」。けどそれで記憶が戻る桃太郎。

そんな兵部を見ていた皆本は兵部に銃を向け「このまま行かせるわけには行かない。」
しかし「僕も桃太郎も社会の脅威だからな。だがそれは誰のための社会なんだい。構わないさ、撃てよ。そしてその子達に見せてやれ。世の中からはみ出した奴がどうなるのかをさ。」そう言われて結局引き金を引くことの出来なかった皆本。

もとい兵部も桃太郎と自分を重ねていたわけですが、やっぱり兵部もまだ人間に愛着がある?
皆本がチルドレンとの越えられない壁、それを超えたとき兵部も救われるのでは・・・と思ってみたり。

その帰り道、一緒の車に乗ろうと誘って断られた薫を見て「でも僕は・・・」な皆本。
しかし葵と紫穂は「最後まで撃たないでいてくれたじゃない。ありがとう皆本さん。(紫穂)」「皆本はんありがとう。(葵)」
ま、結局はエロコメ展開目的なわけですが・・・

スポンサーサイト

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/114-b48cb152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶対可憐チルドレン 20thsense.「超獣戯画!時にはケダモノのよう...

絶対可憐チルドレンの第20話を見ました。20thsense. 超獣戯画!時にはケダモノのように…「腹減った…」「桃太郎、お前もたまには毛皮洗えよな。ずっと洗ってないだろ。おーい、桃太郎。勝手に出歩くなと言ってあるのに」「では、ザ・ハウンドの強化訓練に出発します」チ...

  • 2008/08/18(月) 15:57:45 |
  • MAGI☆の日記

絶対可憐チルドレン 第20話 「超獣戯画!時にはケダモノのように…」

人気をとるには、子供と動物を番組に出すといいらしいですよ? そんなわけでもないけど、今回は超能力モモンガ桃太郎くんの話です。 兵部...

  • 2008/08/18(月) 21:30:52 |
  • SERA@らくblog 3.0

絶対可憐チルドレン 第20話

今回は、兵部のモモンガである桃太郎が記憶を失う話。 超能力実験施設は、まぁあってもおかしくはないでしょうねぇ。 何事も動物実験からで、発展して動物をそのまま改造するのも普通といえば普通かもですし。 兵部のペットのモモンガは、色々あって最近の記憶を見事...

  • 2008/08/19(火) 19:39:00 |
  • パズライズ日記

絶対可憐チルドレン 第20話

絶対可憐チルドレン第20話、「超獣戯画!時にはケダモノのように…」。 感電し気を失っていた兵部少佐のモモンガ・桃太郎を保護した薫たち...

  • 2008/08/19(火) 20:18:04 |
  • おちゃつのちょっとマイルドなblog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。