アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF 19話「トライアングラー」キーワードと感想

改めて第3話がよく出来た話だなぁと思う今日この頃。
トライアングラーな3話が「オン・ユア・マークス」だったならクォーターな25話は「ゴール・イン」?

アルトの母親話も出てきましたが、シェリル似なのか・・・
それとランカの夢に出てきた「ママがいないの」→「そう、ならいい方法があるわ。」
どんな方法かは不明ですが、アイモを歌うのでしょうか・・・

とはいえグレイス&シェリルの一件もあるし、ランシェってランカの実の母親では無いような気も少々。
一方、グレイスはランシェにもドクター・マオにも解けなかったクイーンの謎が解けたみたいで、これも「仮説としての存在」なランカのお陰?

「♪この世であなたの愛を手に入れるもの 踊るライト見つめて忘れない ahh 謎がとけてゆく(謎/小松未歩)」

アルトの愛を手に入れちゃったシェリル!?な現場を目撃しちゃったランカ。「トライアングラー」のEDはGJ。

話は変わって、キャシーやオズマにクーデターな特別背任、機密保持法違反および騒乱準備罪で告発されるレオン。
ディメンション・イーターを汎用小型化したMDE弾を見ていたときにレオンが口にした「これからが本当のお祭りですよ。」

・・・私も「これからが有明のお祭りですよ。」
昨日ちょっと早めに寝て1時半過ぎに起床して観た超早朝アニメな今話。


<今日の感想キーワード>

【私みんなに伝えたいの】

冒頭の「歌姫ランカ・リー決死の脱出!」・・・うっかりランカがプリンセス・テンコーみたいなイリュージョンに挑戦か?と思ってしまったのはさておき、
第7次超長距離フォールドが成功しバジュラから開放されたと言うことで「アイモ記念日」なる祝日が出来てしまったフロンティア。
「この味がいいね」言われたから7月6日がサラダ記念日になったようなノリでしたが、そんな中始まる大統領とランカのパレード。
しかし、ランカはそこから一人脱出し、ブレラと一緒に行方が分からなくなったあい君を探しに。
それにしても「オヤジはいらねぇよ。」「なんだよ。ランカちゃん出せよ。」ここの大統領の支持率どーなんてんだ?

ところがいつまでたってもあい君は見つからず・・・
「案ずるな、きっと帰って来る。」慰めてくれるブレラにランカは「なんかお兄ちゃんみたい。」
きょうだいの事について話す二人。しかし、二人とも過去の記憶が無いことが明らかに。

「そんなお前がどうして歌うことを、歌手になろうとしたんだ」ランカに歌う理由を問うブレラ。

「最近のお前は歌っていても楽しそうじゃない。お前は何のため誰のために歌っている。」
そう言われたランカは「(みんなに伝えたいってそう思ってた。ずっと思い込んでた。でも、でも本当は・・・)」
そして「確かめなくちゃ」とアルトのために美星学園でのライブで歌うランカ。
ライブ後「(言うんだ私、伝えなきゃ私の気持ち)」アルトのもとに向かったはいいものの・・・


【だから私はシェリル・ノームでいられるの】

シェリルを追っかけて実家に帰ってきたアルト。屋敷に入って、そこにいたのは母さん!?に一瞬見えた和服シェリル。
そんな母親似のシェリルが「私もう歌わない。」と言ったことに対してアルトは
「待てよ。お前言ってたよな自分は幸運だけであそこまで行ったんじゃない。努力して努力して頑張って自分で運命をつかみ取ったんだって。俺もランカもお前があの時・・・」
しかしシェリルに「あれはウソ。」と言われアルトは「お前は銀河の妖精シェリル・ノームじゃなかったのかよ!?」と激怒。

「歌おうが歌わまいが私は・・・」反論するシェリル。そこにはつくられた偶像ではない本当のシェリルが?
そしてランカのライブの後、クランに促されてアルトのもとに向かったシェリル。どんな事を話していたのか・・・
これで単にシェリルがクラッと倒れてアルトが助けていただけだったら・・・はギャグアニメ的展開。

ま、何だかんだ矢三郎曰く「一度経験したら簡単に忘れられるものではありませんよ。」甘美な毒の舞台に戻っていくわけか・・・シェリルも、アルトも。
(いいかげんアルトの桜姫が観たい・・・)


【他人に自分の運命を任すのはまっぴらだ】

「鈍いのもいい加減に罪だぜ。そろそろ答え出せよな。」三股四股野郎のミシェルに女の事で説教されるアルト。
「ランカちゃんはお前に向けて、お前のためだけに歌っているんだ。シェリルもだ。今あの子はとてもつらい状況にある。でもそれが分かったときあの子は真っ先にお前の事を気にして・・・」うっかりシェリルの秘密を喋っちゃいそうになるミシェルでしたが、

そんなミシェルは
「俺は臆病なんでね。人間なんざいつ死んじまうか分からない。特に俺たちゃパイロットだからな。つきあうのは割り切った相手だけさ。本気になるのも、させるのも、おっかなくてな。」
・・・クランか!?クランの事なのか!?

「でもお前は違うだろ」アルトは臆病じゃない&歌舞伎の世界に戻る事だって出来る。両方の意味でって事か・・・

ランカもシェリルもアルトのため、じゃあアルトは誰のため?「他人に自分の運命を任すのはまっぴらだ」、かつてのアルトはそう言ったけれど(本当、それだけだったような気も・・・)果たして今は?
ここをハッキリさせとかないと今後、戦いの中で迷いなんかが生まれちゃった時「いずれ自分が死ぬか、誰かを殺す」状態にも・・・

スポンサーサイト

テーマ:マクロスF(フロンティア) - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/112-fb86b317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マクロスF 第19話「トライアングラー」

マクロスFの第19話を見ました。第19話 トライアングラーアルトは早乙女の屋敷を訪れ、ばれないように侵入するのだが新三郎に見つかってしまう。「お待ちしていましたよ、アルトさん。戻ってくれて嬉しいですよ」「戻ってきたわけじゃない」「同じことです。理由はどうあ...

  • 2008/08/16(土) 22:03:32 |
  • MAGI☆の日記

(アニメ感想) マクロスFRONTIER 第19話 「トライアングラー」

ライオン いなくなったをブレラと一緒に探すランカ。ブレラの「誰のために歌う?」という問いかけに、歌うことに疑問を感じ始めていたランカは、自分の本当の気持ちに気づく。一方、シェリルは見舞いに訪れたアルトに、もう歌は歌わないと告げる・・・。

  • 2008/08/16(土) 23:58:42 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

マクロスF 第19話「トライアングラー」

バッドエンドにはなってほしくないなあ… 三島とグレイスの野望はついに大統領暗殺にまで。 船内にバジュラって…結局どうしたいんでしょうね。 次回オズマとキャシーは…かなりやばそうですね… ランカの歌を利用してやりたい放題の三島とグレイス、逆転になる要素...

  • 2008/08/17(日) 00:24:33 |
  • のらりんクロッキー

マクロス FRONTIER 第19話 「トライアングラー」

長距離フォールドに成功し、バジュラの脅威から奪したフロンティア。 アイモ記念日としてパレードが催される…。 その祝典の中、陰謀がその...

  • 2008/08/17(日) 00:57:48 |
  • SeRa@らくblog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。