アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対可憐チルドレン 17話「弱肉強食!食べちゃうゾ♪」キーワードと感想

「悪戯する子は!食べちゃうゾ♪」・・・は「トリビアの泉」でもとりあげられた、ポンキッキのガチャピンが子供を食べようとする歌。はさておき、

明と初音が初登場な今回、薫と初音の「この戦いを制した側が皆本を手に入れるということ」なトライアングラー回となりましたが、なんかこっちもお腹がへってきた・・・


<今日の感想キーワード>

【食べちゃうぞ 食べちゃうぞ】

「宿木明15歳。犬神初音14歳。彼女の能力はメタモルフォシス。狼に姿を変えることができます。そして彼の能力はリプレイス。近くにいる生物と意識を入れ換えることができます。」

局長と柏木が皆本にバベルの特務エスパー候補生として紹介した明と初音。決して高レベルのエスパーではないものの「いくつかの能力を無意識に組み合わせることで、高レベルな超能力として発動することができる。」二人。

ところが、空腹になればなるほど獣としての能力が上昇する初音の特徴ゆえ、
メタモフォシスの際に一定の空腹レベルをキープする必要があるものの、その空腹により初音が任務を忘れてしまい、採用試験のたびに今一歩で不合格になってしまう二人。
任務を忘れてうさぎ狩りか・・・

そこで皆本に「君の指揮でこの二人を採用試験に合格させてほしいのだ。」と依頼する局長。
そんな依頼を受けて皆本は「2人は幼なじみにして先祖代々のコンビ・・・コンビネーションに関しては問題ない。やはり初音君の弱点の克服が合格のカギか・・・」と二人を分析。

全国的に強食・・・もとい教職の採用試験が話題になっている中、こっちは正攻法。
さらに試験つながりだと、なべやかんにリプレイスの能力があったのならば・・・


【食べる子どの子 どの子にしようか】

そして始まる初音の弱点克服作戦。食べ物を前に我慢する単純なものながら、1時間以上我慢できるようになった初音。
次の段階としてほたるが食欲をそそるイメージを送り込んで、さらに奈津子と明も色々BBQをやって匂いをかがせて我慢させるように・・・
なんかその中にうなぎか入っていたのは軽く季節ネタですが、これにはさすがの初音もこらえきれず、ほたるや奈津子を差し置いて何故だか皆本をもってっけー。

「初音・・・まさか皆本さんを!?」バターたっぷり塗りつけて、お砂糖パラパラふりかけて・・・な状態を心配する明。
しかし、皆本は土に埋められていただけ。初音は「初音、一生懸命我慢した。」とは言っても獲物を土に埋めるのが習性・・・だしなぁ。

非常食!?・・・は「エクセル・サーガ」のメンチか。
ただどちらかと言うと「メンチ・哀愁のボレロ~逆なのね」!?・・・「歯ごたえのやわらかいこの身があなたのお好みと」


【じゃんけんぽんよ勝ったら食べろ】

そんな訓練も初音は1時間我慢し通せるようになり「よくがんばったな。初音君。」初音を褒める皆本。
明も皆本に「初音が俺以外の誰かにこんなになついたのは初めてです。」「やっぱ天才指揮官ですね。」

この様子をみていた、最近皆本から軽く放置プレイ状態なチルドレン。
「お前まさか、あいつらの指揮官になる気じゃないよな?」
そう言われた皆本は「ひょっとしてヤキモチか?」。

そして皆本はヤキモチを否定しようとする薫の「別にあたしはお前なんかいらねえんだ。お前があいつらの指揮官やりてえってんなら・・・」で、明&初音とチルドレンとの模擬戦を思いつき・・・

「君たちの課題は僕の指揮でチルドレンの3人が持っているぬいぐるみを奪うことだ。」
バベル富士総合研究所で始まる明&初音とチルドレンの対決。

局長がチルドレンの味方についちゃった訳ですが、二人の能力の事も伝わっていると思った皆本は「その裏をかけばいい。」
ヘビで葵を驚かしてみたり、「要はイメージすればいいんだ」初音に空を飛ばせたり、チルドレンを追い詰めている初音は「初音、皆本、好き。」

一方、明と意識を交換されぬいぐるみも奪われた薫は「てめぇ、あたし達の指揮官だろ。わざと負けるくらいの優しさはないのか?」
その様子を見ていた初音は「(いや、皆本、仲良くしちゃ。皆本、あたしのもの。)」・・・で再び皆本をもってっけー。

・・・明らかに食べちゃうぞの意味が変わっちゃっていた初音。
なんかうさぎしゃんに見えちゃったなぁ・・・皆本たん。それともタマに押し倒されたハヤテ?


【負けたら逃げろ】

その頃の明は葵からもぬいぐるみをGet。
しかし、初音を薫が追っかけたせいで合成能力で身体感覚を送受信していただけの超能力が解け、二人の意識は元通り。

「今の初音君は食欲以外の欲求につき動かされてるとしか思えない。」明にそう話す皆本。・・・結局最後まで皆本はもってっけーの理由を分からずじまいでしたが、
初音に追いついたチルドレン。初音の「皆本、あたしのもの」に「ざけんじゃねぇ!何がお前のものだ!皆本はあたしらのもんだ!!」と薫。

「お前ボス。これお前のもの。」薫の殺気に気おされて、薫を自分より上位と認めた初音は皆本を薫に渡して・・・
なんだかんだのそのスキに紫穂からもぬいぐるみを奪い、とりあえず模擬戦には勝った明と初音。
そして「ザ・ハウンド」として特務エスパーに採用された二人・・・初音の食費もバベルに負担してもらえることに。
しかし皆本はハウンドの指揮官にはならず・・・「僕は君らのものなんだろ」引き続きチルドレンの指揮官な皆本。

・・・少なくともあと8年は「食べちゃうゾ」は禁止ですよ、皆本さん。

スポンサーサイト

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

※コメントの表示は承認制とさせていただいております。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sat4.blog98.fc2.com/tb.php/105-1d3476dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶対可憐チルドレン 第17話

今回は、チルドレン達が明と初音の挑戦を受ける話。 エスパーのレベルとしては差があっても、指揮官の違いは大事だというのを見せつけてくれました。 特にエスパーの場合は能力をしっかり理解して有効に活かすとここまで違ってくるんですね。 何でもかんでもエスパー...

  • 2008/07/28(月) 23:08:59 |
  • パズライズ日記

絶対可憐チルドレン 第17話 「弱肉強食!食べちゃうゾ♪」

特務エスパー候補生二人を試験に合格させるために指揮することになった皆本。 戦う相手は、最強最悪のレベル7のチルドレンの3人! 皆本...

  • 2008/07/28(月) 23:46:29 |
  • SeRa@らくblog

(アニメ感想) 絶対可憐チルドレン 第17話 「弱肉強食!食べちゃうゾ♪」

絶対可憐チルドレン 01 バベルの研究所で模擬戦闘訓練が行われようとしていた。皆本が指揮するのは、もちろんチルドレンの3人・・・・・・ではなく、見慣れない少年と少女の二人組。少年の名は宿木明。そして少女の名は犬神初音。二人とも、特殊な超能力を持つバベル

  • 2008/07/31(木) 17:37:54 |
  • ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。