アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒執事 08話「その執事、調教」キーワードと感想

「VOCALOID、調教」ちょっと前になりますが「ぼかりす」の話を聞いたとき、おそらく技術的な事を聞いてもチンプンカンプンなんだろうなぁ、と思った文系SEな自分…はさておき、

前話の続き。
いるはずのない魔犬が現れて、その魔犬に殺害されたらしいバリモア。

そのことについてメイリンは「ヘンリー卿の悪さを自分のせいにされて魔犬が怒ったとか。」
そんなメイリンたちにセバスチャンは「人間の仕業でないことは確かでしょうね」

シエルはグレルみたいなのがまた現れることを心配していたようですが、
けれども「坊ちゃんの学習能力には感心させられます。」セバスチャン曰くその心配は無いようで、メイリンの予測もあながち外れていないとの事。

そして、バリモア以外被害にあう人はいないとするセバスチャン。
しかしシエルは「だからといって放置するわけにはいかない。」…

「女王への美しき忠誠心ですか?」
セバスチャンの問いに対するシエルの答えは「普通は面白みが無いが、犬が絡んだお前はなかなかに興味深いからな」
忠誠心だけではない女王の番犬なシエルに、己の美学シエルの犬となっているセバスチャンは「学習なさいましたね。」

…なんかだんだんセバスチャン好みにされていくシエル。
【“黒執事 08話「その執事、調教」キーワードと感想”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:黒執事 - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。