アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン07話「再会と離別と」キーワードと感想

「大会後離別と」は有終の美を飾ったバドミントンのオグシオペア。また新たなるご活躍を祈りつつ…はさておき、

キスまでしてしまったアレソマ改めアレマリ回な今話はアレルヤとマリーの再会、そしてセルゲイとソーマの離別なお話に。

「中佐がいなくなったら私はひとりになってしまう」はかつてのセルゲイとともに生きてきたソーマ。
そして今度はアレルヤと二人で…
その光景にセルゲイは「本当に私の知っている中尉ではないのだな。」としつつも、「私の中のソーマ・ピーリスがこう言っています。あなたの娘になりたかったと。」と聞いて「その言葉だけで十分だ」。

かわって、行方不明だったアレルヤが無事と知ったスメラギ。
「(戦う理由を失わずにすんだ)」そんなスメラギはアレルヤがマリーを連れて帰ってくることを知ると「あの子ったら何やってるのよ」
…スメラギはさらにマリーとも戦わないといけないようで。

そんな再会がありつつも、沙慈ルイのほうは結局ニアミスどまり。
引き金を引くことが出来なかった沙慈にイアンは「撃てなかったか。いいさそれで。」
それは戦うだけが全てではないと諭しているようにも…
さらにブシドーなグラハムは刹那の機体が万全でないことを知ると「ならば斬る価値も無し!」そのまま引き上げて…

…こっちの二人達もどうなる?

【“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン07話「再会と離別と」キーワードと感想”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。