アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュR2 25話(終)「Re;」キーワードと感想

というわけで結局「身の破滅」エンドと相なったコードギアス最終回。
結局、全力で突っ走ったルルーシュはナナリーにすら止められませんでしたが、それはルルーシュの願う力が勝った結果。

「予定通り世界の憎しみは今この俺に集まっている。あとは俺が消えることでこの憎しみの連鎖を断ち切るだけだ。黒の騎士団にはゼロという伝説が残っている。シュナイゼルもゼロに仕える。これで世界は軍事力ではなく話し合いという一つのテーブルにつくことができる。明日を迎えることができる。」
そんなゼロレクイエムのお陰で、憎しみや悪事がルルーシュ一人に押し付けられながらも、だからこそ進みだせる新しい明日。

カレンの「計算どおりだってあなたは笑うのかしら。」の通り、きっと草葉の陰で笑ってるんだろうなぁ…
もとい、カレンもナナリーも最後はルルーシュの本心が分かっていたようで、(ちょいとご都合的なところもありましたが…)
ごくわずかでもそういう風に想っていてくれる人がいれば、ルルーシュが願った以上の事。

ただナナリーにとっては「ずるいです。私はお兄様だけでよかったのに…お兄様のいない明日なんて…そんなの…。」とちょっとかわいそうな結果にも…

けれどその後の様子を見ている限りは…ナナリーはたくさんの人に想われているみたい。

星刻は「守るべきものがあるのなら!」
ヴィレッタは「それでも居場所は必要だったから…」
そしてルルーシュは「なあスザク、願いとはギアスに似ていないか?自分の力だけでは叶わないことを誰かに求める。」

人は他人を求めずにはいられないもの、時にその願いは争いにもなるけれど、それでも願いたい、想いたい…
C.C.は「ギアスという名の王の力は人を孤独にする。ふふっ…少しだけ違っていたか。なあルルーシュ。」
…決して孤独にはならなかったルルーシュ。そしてC.C.のそばにあった折鶴にはどんな願いが?

(結局今回の「また見てギアス!!」は「ありがとギアス」…いえいえこちらこそ。)
【“コードギアス反逆のルルーシュR2 25話(終)「Re;」キーワードと感想”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

絶対可憐チルドレン 26話「予知改変?未来は踊る!」キーワードと感想

「秋改編?期待は踊る!」…は秋の新アニメ。
マクロスF最終回でのシエル・ファントムハイヴの命でバルキリー部隊でさえも率いてしまうセバスチャンの黒執事の予告は思わず吹いた…はさておき、

もう一人、バルキリー部隊を率いかねない女装が似合うお姫様な執事・ハヤテも相変わらずナギと仲良くしていますが、
(「エスパー、それは普通の人々とは異なる力、超能力を有する人々の事である。」「エスパー、それは超能力を有し、人々の明るい未来を守る者たち。」…ちょっとばかしハヤテ色の強いアバン。)

薫がそんな街中のカップル達に気をとられたため、仕掛けられた爆弾から観覧車を守る任務に失敗し、観覧車は海の底へ…
予知を基に出動したものの結局予知は覆せず、「予知能力とはそういうものよ。完全に覆せることなんてないの。」と柏木。

エスパー、それは超能力を有し、人々の明るい未来を守る者たち…じゃあ、明るくない未来が予知されたら?な今話。
(なんだかんだで半年間このエピソードを引っ張ってきたなぁ…)

【“絶対可憐チルドレン 26話「予知改変?未来は踊る!」キーワードと感想”の続きを読む】

テーマ:絶対可憐チルドレン - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。