アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクロスF 25話(終)「アナタノオト」キーワードと感想

ランカの歌う「アナタノオト」からアルト達の反撃が始まり、結果グレイスに勝った訳ですが、
締めはシェリルとランカのシェリラングラートライアングラーでしたか…

そしてアイモの正体はバジュラの恋の歌。(「カープカープカープ広島」…「こい」違い)
ランシェ曰く「何億年かに一度他の銀河に住む群れと出会い交配するために呼びかける恋の歌」ですが、
バジュラって決して孤独な存在じゃなかったんだ…(「愛を忘れた」なんて言ってごめんよぉ~)
そしてアルトも「一人だからこそ!誰かを愛せるんだ~!!」

しかし当のアルト本人はシェリルを励ますときに
「お前が、お前達が俺の翼だ!」…上手くお茶を濁す事に成功。
(別に「誰か」は特定の一人で無くていいわけですが…)
その時、ランカも「だからもう一度飛ぼう、シェリルさん。」でしたが、
そんな二人に対してシェリルは「ランカちゃん…アルト。」

…ランカが先なのか!?

そしてバジュラの母星で抱き合うシェリルとランカ。
…むしろシェリルとランカの百合色がより強まる結果に?

この続きもみてみたいところですがそこは最終回…え、劇場版!?

【“マクロスF 25話(終)「アナタノオト」キーワードと感想”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:マクロスF(フロンティア) - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。