アキバで飲むマックスコーヒーは海外で食べる日本食のようなもの

『S@C(サトシ)』のオタ与太なアニメ感想と日常は11月をもって蛍の光で閉鎖です。短い間でしたが本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン08話「無垢なる歪み」キーワードと感想

「白無垢なマリー」…はすっかりアレルヤの嫁状態のマリー。
そんなマリーにきつくあたってしまい落ち込むフェルトにアレルヤは「僕たちは家族なんだから」
フェルトに家族なんだから甘えてもいいと言ったわけですが、「たち」にはすでにマリーが含まれているのか…はさておき、

何はともあれ、ついに「来ちゃいましたあ~!」コーラサワー!!
ルイスの補充人員としてやってきたコーラサワー。
カティに「貴官はどこまでバカなのだ!?」と聞かれても「大佐を守りたいからであります。」
自らアロウズに志願した事を明かすコーラサワー。ただあだ名の「不死身のコーラサワー」はいきなりの死亡フラグ。
…こっちもどこまで無垢なんだか。

でもそういう無垢が歪みというわけではないようで…あ、サーシェス。

【“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン08話「無垢なる歪み」キーワードと感想”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン07話「再会と離別と」キーワードと感想

「大会後離別と」は有終の美を飾ったバドミントンのオグシオペア。また新たなるご活躍を祈りつつ…はさておき、

キスまでしてしまったアレソマ改めアレマリ回な今話はアレルヤとマリーの再会、そしてセルゲイとソーマの離別なお話に。

「中佐がいなくなったら私はひとりになってしまう」はかつてのセルゲイとともに生きてきたソーマ。
そして今度はアレルヤと二人で…
その光景にセルゲイは「本当に私の知っている中尉ではないのだな。」としつつも、「私の中のソーマ・ピーリスがこう言っています。あなたの娘になりたかったと。」と聞いて「その言葉だけで十分だ」。

かわって、行方不明だったアレルヤが無事と知ったスメラギ。
「(戦う理由を失わずにすんだ)」そんなスメラギはアレルヤがマリーを連れて帰ってくることを知ると「あの子ったら何やってるのよ」
…スメラギはさらにマリーとも戦わないといけないようで。

そんな再会がありつつも、沙慈ルイのほうは結局ニアミスどまり。
引き金を引くことが出来なかった沙慈にイアンは「撃てなかったか。いいさそれで。」
それは戦うだけが全てではないと諭しているようにも…
さらにブシドーなグラハムは刹那の機体が万全でないことを知ると「ならば斬る価値も無し!」そのまま引き上げて…

…こっちの二人達もどうなる?

【“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン07話「再会と離別と」キーワードと感想”の続きを読む】

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン06話「傷痕」キーワードと感想

「癒えぬ傷痕」…は機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5話。
今話では別に誰かと誰かが寝ていたわけではありませんが…はさておき、

アロウズに襲われた後のカタロン基地をみたスメラギは精神的ショックによる一時的な意識の混濁でそのまま意識を失い…
その理由はかつてのクジョウなスメラギのエミリオとの思い出。

「あやまった情報から君たちはそれぞれに予報をし、それによって友軍同士が戦うことになってしまった。」かつてのスメラギ…とカティの傷痕。
昨今のCBの戦い方を見ていたカティは「ガンダムたちの戦術は彼女のやり方に似ている…」
少しずつ過去も明らかになってきていますが、あやまった情報を流していたのは一体誰だったのか。

一方こっちも傷痕癒えないルイスは「ついにこのときが来たよ。ママ、パパ…」トレミーに向かっていき…それを迎え撃ったのは沙慈。

「見えない道を旅し行き着く先にあるものは命の終焉。それこそが神の導き…」
沙慈ルイもそんな結末になってしまうのかどうなのか…

【“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン06話「傷痕」キーワードと感想”の続きを読む】

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン05話「故国燃ゆ」キーワードと感想

「五穀萌ゆ」萌え米まで出てきた昨今、故国萌ゆな日本ではありますがそれはさておき、

結局、アザディスタンに戻ることにしたマリナ。
刹那に連れられてアザディスタンに戻ってみるとサーシェスによって…

一方刹那のいないCBは、立ち寄ったカタロンの施設がアロウズに攻撃されていることを知り救援に向かい…

「馬鹿な。こんな非道な作戦を…」
カティもビックリのその掃討作戦はオートマトンをキルモードで使用するもの。
しかしリントは「相手は反政府勢力。情けをかける必要などありませんよ。」

そんな掃討作戦を目の当たりにしたマイスターズのリアクション…

ライル  「これが…こいつが人間のやることか!」
アレルヤ 「無人兵器による虐殺行為。自ら引き金を引こうとしないなんて。罪の意識すら持つ気がないのか!?」

ティエリア「あれが我々の敵だ。」

今話を観て改めて思うは、かつてマリナに宛てた刹那の手紙
そして「なのに何故、人はこうも生きようとするのか。」なわけで…
刹那もマリナも皆も、まだまだその答えを探し求めている途中…

【“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン05話「故国燃ゆ」キーワードと感想”の続きを読む】

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン04話「戦う理由」キーワードと感想

「また買う理由」…1人1台を目指すというニンテンドーDSi。
面白そうだけど、これを買ってしまうと私は3台目だから…お金も無いのでよほどの理由が無い限りとりあえず様子見。はさておき、

「戦う理由」…も人それぞれ。
シーリンは「私は私のやり方でこの国の未来を作ってみせる。」地球連邦のやり方に意義を唱えたり…
イアンは沙慈に「そうさ、わしらは犯罪者だ。罰は受ける。戦争をなくしてからな。」戦争をなくすためCBにいることを語ったり…
そんな「戦う理由」についてティエリアは「昔なら否定していただろうが…」

そんな中、ミレイナがやってくれちゃった訳で…
刹那とマリナに「二人は恋人なのですか?」と聞いたミレイナ。結局二人とも速攻で否定のようでしたが…

そして予告通りライルがフェルトにいきなりキスをしでかしたり…
兄とは違うことを「気づかせてやったんだ。」比較されたらたまらんライルのビンタ前提での行為。

この二人も今度どんな展開があるのか…
♪「”ほんとごめんね”と 真面目な顔して 頬にキスしてくれた しゃくだけど やっぱりあなたが好きだから今日も 許してしまうの」
フェルトもライルの事が好きだから許してしまうそんな「二人は恋人」(森高千里)的展開はあるのかどうなのか(…「恋も2度目なら」ですし。改めて聴いてもいい曲だぁ。)

(それにしても、あのスメラギの制服を用意したのは誰なんだ?そしてビリーは黒くなり…)

【“機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン04話「戦う理由」キーワードと感想”の続きを読む】

テーマ:機動戦士ガンダムOO - ジャンル:アニメ・コミック

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。